なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
「自叙伝」をチマチマ読んでいる。ウラはウフーラ、カトーはスールーと原作の名になっているのは、宇宙大作戦を見た口からしてイマイチ耽るところが浅くなるが、それでもなお宇宙歴から入る航海日誌の語り口がカーク船長の声で脳内再生されるのは良いものだ。先日の記載を見て、殆ど「UFO」に対する感情がはみ出た感があるな、とは思う処はある。アルベール・カミユが「異邦人」で曰く、1度しか入った事のない部屋の方が印象が深いと書いているが、成程「UFO」は幼少期と大学(院?)生の2回しか見ていないのに対し、「宇宙大作戦/スタートレック」は小学生中高学年で2回かそれ以上、大学生の時1回、映画は劇場で1作、テレビでも確か見た覚えがあったのを考えると納得がいく。

 比較するものとしてではなく、しかし唸らずに居られないのは、もうすぐ読み終わる「怪獣生物学」(インターナショナル新書)だ。著者の作品への愛の深さは尋常ではない。初作こそいかした感のあったが次作以降マンネリなオワコン感漂う柳田理科夫はイマイチになったが、「バットマンは飛べるが着陸できない」で温かい目を以て理解をしようとしたのを、更に熱く自らの愛に殉じて筋を通そうとしたのは称えられる。もっと古くは「ウルトラマン研究序説」があり、海外に目を転ずると2003年、オーストラリア・ブリスベン空港の国際ターミナルで見つけた本で、ハリポタ世界を科学者として楽しむと、という本があった。後に邦訳されているが(未読)、まああれも作品愛系といえる。ファンタジー世界への愛情へと広げると、「魔法ファンタジー世界へ」(岩波新書)、「ハリーポッターの呪い」が挙げられる。DQ3やFF3に様々な面から感服した私自身はハリポタもダレンシャンも、どうにも安っぽいビデオゲームRPGのシナリオにディテールの粉飾をしてノベライズしたものを読まされている感が強くなった口としては、その理由がより明らかになったkンがしたものだ。…ファミコン史上不朽の名作を持ってくるのが悪い、という人も居るかな。

 高校時代から書き手としての黒歴史がある自分的には、
1.すべてが備えられていて、発展の余地が無い、完璧とされるモノ
2.その世界から想像を膨らますものが無い、そこまでのモノ
 には殆ど興味が湧かない。
 1.は反証可能性があるモノが科学であるから、と言うのに準じてしまう事や、カルトな教祖様に対する嫌悪と同じものであり、2.は言うまでも無く、自分が入り込む余地がない故であろう。ある意味、こういうストーリーの中にあって、想像・創造し供給する側の考えであって、消費する側ではないからだろう。お蔭でベストセラーに名著なしという外れ者であるという自覚もあるが、それでもなお愛のカタチが1つしかないというのは悲しいと思うのだが。

 さてどうだろうか?

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/05/02 13:36】 | 徒然
トラックバック(0) |
 どうにも身の入らない午前。昼は何気にか牛丼にしてみた。午後暫くまんじりともしない時間を過ごすが、こんな状態で論文を書けるのか?と悩ましく思う。もっとテンションを高めたいが…。その後、何時も通院している医者に行く。経過はそれなり。なんだか病的にニンニクが食べたくなり、とあるタンメンのチェーン店に行く。6月末までのチケットで小玉1個分くらいの刻みにんにく(¥55)がタダ。タンメンなのに何気にか豚骨のしっかり味があるので(単なる野菜載せ太麺の豚骨ラーメンかも)、これを選択。野菜・麺・生ニンニクを頂くとこれはもう至福の味。麻婆豆腐も本格だよ、としているので、然らば山椒が不足したときに来てみるか?と考える。四川省には行ったことが無いからなんだけど、北京で食べる分には中国人が「こいつ」と思う程度には辛さに強い…というか、日本版中華では刺激が無いと感じてしまう。
 最後に中止になった5月のライブイベントの払い戻しを受けに発券したコンビニを探すクエストを30分以上かけてこなす。帰宅は遅くなった。

 メールを見たら、honto…DNP/大日本印刷グループ・本やとしてはジュンク堂・丸善・文教堂の並ぶ電子書籍・オンライン&実店舗書店からの宣伝メールで1等なら約100万pt、読書一生分貰えるよ、というのが入る。ポイントとして相当高いけど、紙の本に払うのが月2万として年24万、4年分じゃないか!が、一生に手にする還元ポイントで、還元率5%なら80年と言うつもりなのか?と考えなおした。が、これで読書一生分プレゼントキャンペーンって、エライ書き様じゃないか。月2万という額も全部を通して読まないで参考に使う専門書や趣味の専門系の本だと8冊買えない額。主体の新書、たまに買う文庫、1冊1000円弱と考えたほうが良いのが今の相場ではないか?これがそれほど本を読まなくなった私でも使う額と価格帯。本好きで読める口は、佐藤優でなくても1日1冊とは言わずである。となると真に本好き(や中毒)であれば、1年かからないで使う額か貰えるであろうポイントでも一桁年だとしても全く不思議ではない。

 こんな計算をしてみたくなるのは、プログラミングが不足しているからか?と言って今私がすべきことは、書き物である。

 明日は原稿にきちんと残るものが出るようにしたいものだ…
 にしてもこのCOVID-19騒ぎでお見舞いメールを書いてないなー、と。韓国や中国の友人に先ずは書こう。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/04/21 22:06】 | 徒然
トラックバック(0) |
 眠くてたまらない午前、コーヒー飲んでそれなりの感じになったけど、完全という形にはならず…論文が進まない。
 雨だが用事は色々あるので、昼食を食べがてら外に出る。昼食、100均、郵便局と回ってみる。ありがたくも?何処も空いていたが、いわゆるソーシャル・ディスタンスで待合の席を1つおきにするとか、工夫が見えた。郵便局では座る必要なかったけど。
 帰って暫しすると電話。稼働がオカシくなっていたウォシュレットの修理、Webで頼んだら電話で返ってきた。今日見積もるとの事、歯医者の時間にかからない事を確認し、了承。ディスプレに向かうこと暫し、修理の人が時間丁度にやってきた。状態を診てもらうと、シャワーノズルの位置センサーが駄名なっているのだろう、との事でかなりのメジャートラブルだそうで、持ってきていたノズル周辺のユニットで事が済むからという事で、ユニット交換・修理を急遽お願いした。メジャーなのとユニット化が上手い上に慣れた手つきもあって、10分ほどで終了。その後料金支払いなどをしつつ、ちょっと世話話。古い機種なので部品の手配も難しくなってきているとか、一体型なので壊れたら便器ごと工事で取り換えが必要とか、緊急事態宣言から修理は減ったけど終わると一気に注文が増えるんじゃないか…等々。タブレットで修理前後の確認を取るとともに、終わったらオンサイトで熱転写プリンタで修理保証と領収所を頂いた。本当ならこうしたガジェットも新しいものにしたいが、集まって研修が出来ないので更新が滞っているそうで、事の大変さを知る。かかった費用は1.4万。安く済めば済んだで良いのだが、出張費は普通、部品代が微妙に高く、技術料がちょっと安くないか?と思った。
 終わって暫くしたら歯医者。平年より随分と寒く気温が上がらないというけど、別に寒いとは感じない。差し歯が入り、次にかみ合わせを見ると終了との事。ちょいちょい聞いてみると、歯医者も休めないのと格別以上という事は無いけど、清潔には気を付けているとの事。個人的にウオシュレットのサービスの人と同様に、様々な職種の人に訊いてみるのは面白いと思うので、ついつい。
 終わって本屋に行ったら閉まっていた。時短していたのだった。

 明日は別の医者に行く必要がある。経路から少し外れると職場があるし、どうしようか?と考えること多少。悩ましいというとちょっと悩ましい。どうするかな?多分本当は行ってはいけないのか??

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/04/20 20:39】 | 徒然
トラックバック(0) |
 ある程度は在宅勤務できるけど、やはり職場に出るのがこれほどに感覚を違えているのか…という事に改めて驚く。ストレスでもあるけど、それだけ何かしようと考える訳で。先に在宅勤務になっていたけど正式な命令が出て、在宅になった今日、何があったかといって、何もなかった。昼休みは体が鈍らないように最低限、と考え、近所や妻の買い物スポットをざっと歩き回ってきた。生活基盤になる店舗…食料品店やショッピングセンターはやっているのが心強い。とはいえ…パンとサーカスのサーカスの方はどうよ?

 在宅に頭の中を切り替えられない問題は、色々なところで厄介らしい事は浮かんでいるけど、見事に自分も嵌っているな、と思う。もうちょっと慣れないと駄目か?或いは慣れ様の無い所なのか。
 悩ましい中で、今日も終了。かなわんな。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/04/15 19:34】 | 徒然
トラックバック(0) |
 結構前に暫しスマホを使っていた時期はあるのだけど、通信料というより契約料というか持ってるだけで費用がガラケーの倍以上でそれほど便利ではなかったのでガラケーに戻し、ネットが必要ならとAndroidタブレットを別途購入した。格安SIMがでるか?という頃の事である。最初はヴォイニッチ手稿をカラーで見れたら、だったのだけど、加えていつの間にやら漫画の山になった。まあこれは置いといて…当初有料のヴォイニッチ手稿はいつの間にか無料になり、というのも置いといて。R8年に3G通信は終わるそうだが、それもまだ先。
 いろいろ思う処はあるのだけど、妻の仕事の関係でスマホがあった方が良いらしい、と言うので、Androidプログラミングの成果を実行するために入手していたAndroidタブレットに格安SIMを契約したのは昨日。ネットが開通したところで妻に渡した。事の流れの裏で、私的には妻のシンクタンク・PC&IT世話役&妻の職場でのニッチ(生態学的位置)上を思うと、この辺もサポートするのが順当でしょう、という事で事を勧めたのだった。やっぱり不要、という時もSIMを自分のタブレットに入れればよいのだし、その辺は問題ない。つぎの問題はどんどん安くなる自分のデータ専用SIMをどんなSIMに切り替えるか、である。取り敢えず8インチで困ることは無いし、現状のAndroidタブレットに不満は無い。妻の感想を聞きつつ、私も音声通話可能なSIMにして、ガラケーを解約しようかとも考える。そうするのがトータルで一番安くなりそうなので。

 ガラッと話は変わるが、このコロナ騒ぎに寄り、日食観測に行けるかどうか今から不安定な状況にあるのは事実。アルゼンチンは入国できないし、アメリカでのトランジットはどうなるか?最高の観測条件が最悪の世界情勢にある。となったら南極か!?
 今年の日食機材を弄っていて、自分の用途は天文学で太陽観測の一助のデータ+ダイヤモンドリングをカチッと撮りたいという所に収まってきた。今回は望遠鏡レンズ2台装備だが、これがうまく制御できるなら、望遠鏡レンズは1つで済ませられる。が、それにはその用途を満たしてくれるデジタル一眼が必要だ。
 SDKのWrapperを介した扱いから、メーカーはニコン。太陽像の大きさ=望遠鏡レンズの焦点距離からフォーマットはDX(APS-C) 、ブレの関係からミラーレス。となれば、Nikon Z50一択になりそうだが、実はダメ。20秒間連写できる連写速度は毎秒2-3コマで、まあギリギリ使えないことは無いが…という微妙な連写速度だ。これはZ50の書き込み自体が遅く、その上記憶媒体がSDカードのUHF-I対応だから。これが最低UHF-IIか、出来ればCFExpressカードにして欲しい。となるとDXでプロ機、ミラーのあるNikon D500に相当するミラーレス機という事になる。遠い噂には第4巡期に発売では?という話もあるが、まだまだ雲をつかむ話である。価格的な問題もあるし、情勢的に量産がスケジュール通りに進むわけではなく、かなり押してくることは、Nikon D6の発売が伸びた事を見ると明らか。さて、どうなりますか。

 加えると、手持ちのNikon Z6に直付け出来るZマウントのこれ一本レンズ・24-200mmも4月発売予定であるが、どうなるか。アルゼンチンに行けるなら、その時に持って行きたいレンズである。それまでには出ると思いたい。

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/04/15 10:21】 | 徒然
トラックバック(0) |