なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 昨日はなんか疲労感が強く、帰ったらまず一睡、暫しぼーっとして再入眠という眠ってばかり。その割朝はダメな状態。火が付きそうで稼働せず、頭の中がぐじゃぐじゃな午前だった。
 こんな時はスパイス…という訳ではないが、辛口で有名だったレトルトカレー、LEEの30倍を見つけて保有していたので食した。確かに辛いし、食後には食道と胃が温かかったが…
 午後、打ち合わせをしたり色々。でもなかなか火がつかない。とはいえある程度気になることがこなせたから良いとしよう。論文の要旨が出来たので、この筋で行こう、と考えるところまで行った。
 定時退所日&妻が家で待っているしね、と言って何か+αを持って帰る訳ではなかったけど、早々に帰宅。
 帰って夕食で、満足。

 理系~科学、或いは工学の道に進みたいと言う動機付けがどこから出てくるか?と言うのは、研究室の片隅に居るようになってからも色々と考えるところであるが、今的にはどうなんだろう?
 大学院時代にある先生(植物生態学)は「アポロ11号」(1969)と言っておられた。テレビ中継されたビッグサイエンスの華として惹かれるものであったであろうことは想像に難くない。今はテレビを見ないので判らないけど、私の小中学時代を彩ったのは、今からは想像しにくいNHKのコンテンツ群になると思う。「みんなの科学」(って、後年社系も入ったけど)、「レンズはさぐる」~「ウルトラアイ」、「科学ドキュメント」と言ったものは非常に魅力的なものだった。離婚慰謝料を著書で払ったと言われるC.セーガンの「COSMOS(宇宙)」は確かにエポックメイキングで社会的なムーブメントになって、昔からあった「日経サイエンス」、「科学朝日」(サイアスになって消えた)、「子供の科学」の3本から今も残る「Newton」、一時で消えた「OMNI」など数誌が出たこともある。
 けれど、何れも短命なブームで終わっている。長く見積もってもバイオテクノロジーが脚光を浴び、情報処理や数理・コンピュータ技術の黎明が今に続き、ポップな所で「風の谷のナウシカ」を起爆剤に地球環境・エコロジーブーム(何れも私は批判的だが)になりしていた。私の在学中、環境系に行くのは余程の好き者・奇人・変人か成績の振るわない者で、バイテクとコンピュータが高位を占めていた。が、卒業する頃にブームの波が来たのには、私的には全く冷笑するしかない。それは修士1年で参加した学会で生態学では先ず確実に職が無いという現実を確認したときに確かになった。
 今ある科学コンテンツはどれほどか?NHK「すイエんサー」「サイエンスゼロ」くらい?朝日新聞が週1で科学コンテンツを出している位か。雑誌類も、日経サイエンス、ニュートン、RikaTan(理科の探検)、子供の科学…くらいだろうか?何か科学を練り上げるもの、年齢が上がるにしたがって対応するテレビ番組や雑誌、加えて本があるか…と言うと、非常に寂しい時代にあると思う。池内了氏筆頭に「科学を文化に」、というけれど、個人的に今の世情からしたらまず無理じゃないか?

 くわえて昨今の社会的な状況は熟議熟考ではなく分かった気になる単純な事の方が重要視されている訳で、ポストモダン=大きな物語の死、とその後を記述した「動物化するポストモダン」(東浩紀・講談社現代新書)は2001年の刊行、それから20年で失ったものは何か、という事を検討し、未来を構築しようという動きは大塚英志がラノベ作成3部作(と勝手に私が名付けている「ストーリーメーカー」「キャラクターメーカー」「物語の命題」)以外にどれ程ポップカルチャーに向けた物事が進んでいるか?それはとても脆弱ではないか。今の文化の特徴的部分を適当に名付けるだけなら、宮台真司が頑張っているかもだが、氏はそれ以前の問題、つまりは〇激トークオンデマンドのマネタイズ成功や様々な自身が誇る成功の数々があるなら、故郷に添える花は何か?を見せても良いなじゃないかな?「日本の難点」(宮台真司・幻冬舎新書・2014年)で自身書いたように。

 自ら問いかけをして、自ら答えを得ようとする、それは人間だけにある、という色々な科学関係の本の最初の下りは色々見るが、逆に言うとここ迄科学というものへの感覚は日本で衰退した、というとの証左に思える。思う処、科学はもっと端で良いのかもしれない。それ以前に哲学や文学、様々な社会認識の事…言ってしまえば文系学問で検討すべきことにもっと色々な人が接せられて、人間と社会が豊かにある事の方が、先ず日本には重要だと思う。だって、日本は文系社会でずっと来たんだから。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/09/16 18:42】 | 徒然
トラックバック(0) |


なんちゃって
理系に育つ子。娘はもともと動物園に行けばトーキングマシーン(動物を説明する機械)、ディズニー行けばからくりに興味があって、「はやぶさ」で火がついたような・・・。

娘の周りの理系な子はプラレールやレゴブロック好き、ミニ四駆、恐竜好き、昆虫好きが昂じたり、アニメ(当時だったらシンカリオンとかムシキング)からのめり込んでいった子も多いような気がします。おもちゃやアニメもきっかけになりますね。「憧れ」が原動力かと。

今は情報系が人気ですが、ゲーム世代が育って「作りたい」「知りたい」という子が増えたように思います。子どもの頃の経験や興味が大きそうですね。


コメントを閉じる▲
 朝は起きれないし、午前は仕事にならなかった。って、最低限のメール返信とかの雑務はしたけど、イカン。
 昼にドラッグストアに行った後、定食屋さんに行き弁当を買って帰還。外は気分が良い気温だった。確かに朝は涼しくて窓全開の必要はなかった。
 午後、走り出しはイマイチだが、火がついたらまあまあ仕事になった。日本語と英語のはざまで考える。考えるところを書いて共著者に文書を回し、終わったら別件を済ませて…気づいたら帰宅できる時間に近い。このまま夜まで頑張っても良いのかもだが、その気分も無く、退出。
 帰りも十分に気分の良い気温だった。急ぐことも無く帰りついた。
 軽く食べ、ホッと一息。これを書いている。

 Web空間が私の接し始めた90年中盤以降、コンテンツは膨大になり、色々な情報が居ながらにして手に入るようになった。
 ふと思い立って、自分的レジェンドの事を敬称略であるが、書いてみる。
〇吉田正太郎:2015没
 「天文アマチュアのために望遠鏡光学」(誠文堂新光社)、「カメラマンのための写真レンズの科学」(地人書館)を著した東北大学の名誉教授。読んだのが厨二…じゃなくて中2の頃で、市立図書館の天文学と趣味の棚にあったと思う。少なくとも前者は高校生の数学(少なくとも三角関数)が必要になる本だったので理解は無いが、自分にとっての「世界」をとてつもなく広げた本であり、小学生のとき読んだ本田宗一郎の半生やC.セーガンの「コスモス」を遥かに超えて「凄い」と思った本であり、書いた人であった。こんなすごいことが学べるなら、と高校では東北大学工学部を目指すも成績は振るわず、特に物理がダメだったのが致命的で断念。紆余曲折の後、何故かその後ほかの大学で生態学を学ぶ。そうは言っても研究者を志したのは、明らかに吉田先生の所以である。
 天文学にも通じておられ、中学生向けの天文書を書きたい、と言っておられた真意を得るのに博士号を得てのち10余年、特別授業のネタで実感し体現するのはさらに5年以上要した。とは言え、それを本にしていないのだから、既に入門書を書かれていた先生には遠く呼ばないなと思うばかり。

〇星野次郎
 多分今や天文ファンだって「誰?」って感じだと思う、いやマジ。「反射望遠鏡の作り方」(恒星社厚生閣)という本を書いた人であり、製作された反射鏡は「星野鏡」と言われる。他に有名な製作者として木辺成麿(~1990)の木辺鏡、苗村敬夫(存命、知らんかった!)の木辺鏡、日本特殊光機だったかからの依頼で入手できた苗村鏡(今もやって頂けるそうだ!知らんかった!!)と言ったものもある。生年・没年不明だけど…木辺成麿の方が年嵩なんだろうか?大学にあった望遠鏡が木辺鏡だった。
 閑話休題、この本を読んで、鏡を自作する気の長い作業は私には無理!と思ったけど、一方で様々な反射望遠鏡の形式を知り、その設計法を知った。光学系を決め、これをドラフター(色々なモノの設計図の製図を行う机みたいの)で起こすのが中学の時楽しかった。吉田先生の本を読んでから、星野先生の本を読んだのだった。その意味では吉田先生の次に着く人である。著書は所有していないが、冒頭の本は再発行されたらしい。

〇山田卓(2007年没)
 「春の星座博物館」(地人書館)とこの夏秋冬版を書かれた人で、これは優れた普及書なので読んだ人は吉田先生より多いと思われる星野先生の、2桁は多いと思う。昔はハードカバーだったが、今もソフトカバーで売られている。2000年分点に製図は変わっているだろうか?名古屋市科学博物館でプラネタリウムの解説もされていて、大学の時1度偶然聞いたことがあるが、内容的にはちょっと難しかったので、子供たちにはイマイチだった。イヤイヤここを書くなら野尻抱影氏(「星三六五夜」)だろう?と通なことを言われるかもしれないが、年代的には山田氏の時代の人なのである、何時の時代の人間だ?と言われることがしばしばある私でも。
 逝去を知ったのは、車山高原のとあるペンションでスクラップを見ていたら、何気にインタビュー記事にあったとこ。まあ、そんなことがあっても、不思議ではないが、そうだったのかと…

 多くの方の死を悼むことに関しては西田幾多郎が合うのかもしれない。そのような刺激的な書き方は出来ないが、…なんとなく秋の夜長に個人を思ったのでした。

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/09/14 19:52】 | 徒然
トラックバック(0) |
 昨日は中々眠れずにいた。
 今朝起きたのはよって遅く、午後長い時間午睡をしていた。眠り続ける日になった。

 そんな中、デジタル一眼のNikon Z6/7でフォーカスエイド(手動でのピント合わせでピントが合うとカメラが知らせてくれる仕掛け)がどれ位暗い(F値の大きい)レンズでも動作するかを調べていた。この辺デジタル一眼レフでは必ず書かれていたのだけど(例えばNikon D7200はF8)、Z6/7では見ないな…という事も有った。と、GANREFというサイトでF11でもOKだったという実験結果が記されていた。これは凄い。キヤノンのミラーレス一眼もF11のレンズが登場していて、デュアルピクセルCMOS素子(1ピクセル中に測距用の素子と画像用の素子が入っているもの)の利用でオートフォーカスが効くというのを売りにしている。
 F11迄フォーカスエイドが効くなら、結構色々な望遠鏡レンズでフォーカスエイドが使える。職人芸に頼らなくていいから、コレ、相当にありがたい。自分の機材ならBORG77EDIIに1.4倍テレコンつけてF9.3だから十分にフォーカスエイドが効く事になる。この辺は手持ちのZ6にて実験あるのみ。

 あと、ニコンでは AF Teleconverter TC-16A というボディ内蔵モーターを持つ機種ならマニュアルフォーカスレンズをオートフォーカスで使えるようにする1.6倍テレコンバーターがあったのだが、今、それを改造してニコンのデジタル一眼で使うものが流通している。所謂魔法のテレコンと言うもの。腕に覚えがあればそれ程難しい改造ではないようである。
 諸般の事があり、改造品が手に入ったので、暫し遊んでみたが、どうも調子が悪く、うまく動かない時があった。参ったな…と思ったが、テレコンバーターの接点を見た接触不良があってもおかしくない感じの接点端子があったので少し底を弄ってみたら完全にAFが効くようになった。その実験のため、Ai Nikkor 24mm F2.8 を取り付けているが、遅さを感じることなく実用になる。これを望遠鏡レンズに付けたらどうなるか、を実験してみよう。
 これがためにD7200を手元に置いている。オートフォーカスはF8までしか対応しないのので、手持ちだとBORG 71FL にx0.85レデューサーを取り付けてF5.6をF4.8にして魔法のテレコンでトータルF7.7でやってみるのが常道か、と考える。

 どれも昼にやるのが常道と考える事なので、秋の夜長に行う事じゃないか。4連休のうち2日は予定があるので、残りの日にやってみるかな?

 他に自分のメモ的なHPをやっているので、そこにちょっとコンテンツを追加してみた。
 今年の日食がダメっぽいかな、と思うとどうも何かしらのアクションを起こすのが面倒になている。でもやっておきたい事はある。ニコンのデジイチを外部制御するソフトの開発。ちょっとしたアクロバットを考えているので、通常の外部制御ソフトではダメっぽく思えるから。C++を使うのでその習熟に少しは繋がるかな?

 何気に3度目の「絶対ニコン主義!」を読了。イカンね、毎度無料で面白かったけど、でも…ほかの本を読むんだった。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/09/13 18:43】 | 徒然
トラックバック(0) |
 日本には有機農業推進法と言う法律がある。読んで字のごとしのようだが、勘違いされていると思われるのは、有機農業が良いことだから広めよう、ではない事である。農林水産省生産局に行った時に訊いてみたところ、省としては法律があるから進めるが、良いことかどうかを決めるために科学的な調査と結果が欲しい、と言う回答だった。加えて、どうしても有機農業が有意義で良いもの、と言う前提で調査されている傾向は否めない、とも言っていた。悪いが、日本生態学会で有機農業を語る人たちはほぼ全て法と権力の奴隷であり、これに疑問符を付ける人は意外なまでに少ない。生態学会の関係者にこそ、判断する科学的材料を望みたいのだが、今の所は無理である。
 悪く言うと韓国は「売らんかな」と農家さんの意向とが合致して有機農業がおこなわれていると見える。ドイツでは農地を広げたまま保全するために生産性の低い(単位面積当たりで取れる農産物量が少ない)有機農業を進めている。
 日本はどうか?この辺、明らかに間違った偽書や、農薬に指定されたら食酢だって嫌、と言うなかなか潔白な人が多々いるようだ。まあこの辺とのズブズブの関係が日本らしくて。もうちょっと考えようよ?

 長い事忘れ、分からなくなっていたNHK FMのラジオドラマ番組の名は何か?時間枠は今の「青春アドベンチャー」と同じ。ずっとわからず、WebやML等でしらべていたら、分かった。
 「FMカフェテラスのふたり」
 基本は故・山田康夫氏と相方の女性でやっていたが、時々NHKの地方局がやってて、また違った雰囲気がとてもよかった。これを聞いた後の「クロスオーバーイレブン」がなんともいい雰囲気だった。Webで調べていたら、今も引き合いがあるようで、再放送することがあるようだ。選曲云々と言うか、私的には番組の中で語られる「スクリプト」という小話が良かった。色々な系統があって、ほのぼのからホラー迄。聞きながらの受験勉強を一時止めてしまうくらい。
「青春アドベンチャー」は「アドベンチャーロード」の後番となっているし、今聞いても悪くはないけど…やっぱりノリ的には「FMカフェテラスのふたり」の方が良いと思ったりする。
 他にも勉強しながらの「FMシアター」も好きだった。
 私も嗜好が変わったか、もう30余年聞いて居ないが…たまには夜中に聞いてみるかな?やっぱりその時間に起きていて聞かないと雰囲気が出ないから参ったもんだ。インスタントに楽しみが来るネットに飲まれたかな?不便さの持つ楽しみか。まあ…ノンフィクション中心の読書では、ノリが合わないところがあるのかも。
 一方でPodcastと言う形でラジオを聞いて居るし、サブカル系討論番組を聞いたりすることもあるが、そのスタイルは矢張りラジオドラマを楽しんでいたことの残り火のようなものかな。

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/09/06 14:54】 | 徒然
トラックバック(0) |
 気合が入ったようで、ダメだった1日。どうにも気合が入らないって…。なんか散々な感じで早々に退出した。

 今年は日食を除き、国際学会も海外でのバカンスも諦めた。外務省のHPで調べてみると、アメリカには入国できそうだが、欧州方面はうまく行けば…であって、まだ明確ではない。入国規制に国名が山と並んでいるし、アルゼンチンも未だダメな模様。はてさて、10月終わり・春から夏に変わるか?という頃にには入国できるようになっていると良いが。観測にとても適する状態の高い太陽で見られるので、とても楽しみというのと、天文学に寄与できるデータが取れないかな、と。はい、小学生の頃の夢の職業は天文学者でした。それが何で生態学を専攻し、農業研究機関に居るのかは適正と職は選べそうで選べないと言う奴だ。

 そんな訳で気分はもう来年に飛んだ(笑)。ベネチアとバチカン市国に行きたいと以前より言っていたので、情報を集めて見た。で、ベネチアでは色々あって贅沢できそうな宿とローマでも口コミから良さそうで値段も受け入れ可能なところを見つけた。1年先のことを?なんて笑われそうだが、国際学会は1年以上前からアナウンスされることが当たり前のようにあるので、それほど突飛な感は持っていない(それは私が突飛だからという話は置いておこう)。

 アルゼンチンもバチカン市国も初。これで行った事のある国は33カ国になる筈。まあ、未だ取らぬ狸さんだけど。

 色々頭に中に浮かぶことはあるのだけど、散文的で纏まらない。今日はココ迄にして、オフラインを充実させよう。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/07/02 20:25】 | 徒然
トラックバック(0) |