なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学の物質循環研究者の日常~
 独身時代の前世紀に岐阜県・高山市の山の中に調査地を持っていた。大抵2泊3日の日程、夕食は自炊もあったけど街中に降りてから食事をすることもあった。その時お世話になったのが、「茗荷舎」という自然食ベースの食事処だった。マクロビオティックとかもあったかもしれないが、私には意識のない独身時代のこと。街中を歩いていてなんとなく店の感じに惹かれて、当初は閉店中だったりで入り損ねるも(1回目は貧乏性で外の食事は5-600円が基準だったのもある)、何度目かの調査のついでに入ることに成功した(懐基準を緩和してみた)。
 店内の丁度良い雑然とした感じで、食事は「おおッ!」と思う新鮮な驚きのあるおいしさだった。ごぼうをつくねのようにすることで肉のような味と風味を出せることには心底驚いた。調査のたびに、とはいかなかったが、何度もお世話になり、いろいろな世話話をする程度には面識を持った。当時でもそれなりの年齢の女性だったのであるが、2010年代に妻と高山に旅行に行った際に寄ったら1日目はご飯が切れて終了、2日目に入店を果たした。独身時代は開けているけど人の少ない夕方だったのでいろいろおしゃべりしたけど、今回は昼。相当に混んでいて話せる状況でもなかったのは残念だが、でも店をやっていることには心底感激した。もう10年以上経ってるのだから相当のものだ。速水健朗の言うフード左翼の店らしく、それ調の話が飛んでいたりするのと、物販が充実して、カオス感はないがエントロピーは高まっていていい感じだった。

 で、ふと、検索にかけてみたら、「2013年9月閉店」。

 妻と行ったのはいつだったろうか?DEデミオに乗っていたから、2010年以降のはず、と写真を調べると2011年9月だった。閉店の2年前か。時は流れ世は無常である。そう考えると、おかみさん的にもいろいろ支障が出るのだろう…

 一つの記録が、記憶になった感じである。
 

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2023/01/22 19:25】 | 徒然
トラックバック(0) |
 今日で今年はおしまい。
 何をしているのかわからないうちに1年が終わった感がある。
 来年度は忙しくなると思われるが、それでも日食観測にはいくつもり。年が明けたら6日に及ぶ年休を入れることにする…何もないと踏んで!
 という事々が大ごとなのと、妻には手間をかけさせるけど2泊3日の帰省は年中行事で自分の実家ということもあり、あまり盛り上がるものがない。あっても昔住んでいた街がどう変わっているのかを見れることかな。この件はガラッと世の中変わって見た目も変わって、寂しくなるところが多いけど。

 この時期だと1年を振り返って、ということになると思う。けれどいったい何をしていたかがなんか心に残っていない。なんとなく、コロナ禍でコロナ鬱とでも言いたくなる状況からまだ復活していない感がある。来年度どういうことになるかわからないけど、4月までの3か月、公私ともに形になるものを残せるといいな。

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2022/12/31 10:07】 | 徒然
トラックバック(0) |
 Facebookでアマチュア天文家でイラストレーターの藤井旭氏が逝去されたことを知る。
 そこまで思い入れのある方ではないが、中高生の時にそれなりの数の本は図書館で読んで、天文関係のポピュラーサイエンスの中で輝く星であったことは十二分に理解している。また、農生態学の端っこで食っている口として、ポピュラーサイエンスを可能にするのは?と考えるときに、藤井旭氏の手法と能力の優れたところも分かる感がある。
 ある意味集大成的な「星座博物館」シリーズを著した山田卓氏の逝去を泊まったペンションの新聞だったかの切り抜きで知ったときの空虚感、科学の道に進めたらいいなと自分の道を示していただいた吉田正太郎氏の大往生をWikipediaで知ったときの喪失感とはまた異なる、不思議な感を藤井氏の逝去には受ける。
https://news.livedoor.com/topics/detail/23465461/

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2022/12/30 23:03】 | 徒然
トラックバック(0) |
 日食ツアー、PDFでも送ってもらいましたが、封筒でも日食ツアーの旅程表を送ってくださいました。内容は同じだけど、ありがたいものです。申込書も入っていたし。
 ということで、地上6泊、機内1泊という旅程を見つつ、Google mapで大体の土地勘を得ることとした。知らなくても連れて行ってもらえるのだけど、やっぱりね。個人で旅行に出るときの感覚があって、これができると旅行に主体性が出る感があるのをしばしば感じるので。
 6泊中4泊はテント泊になることもある…とのこと。いやぁ、いいですね。大学~院の時の天文サークルのノリです。年齢的に、暁キャッチ・早朝ノックで日があるうちはずっとソフトボール…は無理ですが。何のサークルでしょう?天文です。観測現地でテント泊を考えていたのですが、ベースキャンプの後アタックキャンプ、日食当日早朝発で日食帯に入って終了後アタックキャンプに戻り、ベースキャンプに戻って、というのが経路。脆弱なのは当日観測地に移動しなくてはならないことです。宿を奪い合う高額マネーの戦いがあるという話を聞くと、致し方ないかも。
 日食前夜は何ですが、前々夜と日食後の2夜と旅行最後の夜は南天の星空を楽しむゆとりも出るかもしれない。日食の日の夜は燃え尽きているかもしれないけど。この間、双眼鏡で観望し、1時間くらいの光跡を撮ったり、気合があれば2-3時間のタイムラプスも考えています。ということは、その練習も必要。この冬は久々に星撮りをやってみなくてはですね。機材はフジのX-A7とサムヤンの12mmを使います。この辺の計画ももっとしっかり立てられるように実地を積まなくてはです。
 しかし…航空会社がイマイチ固まらないとか、現地には1月に下見だそうで、コロナ禍の厳しさの傷跡を痛感します。

 ということで…今夜は書いてある通りの航空会社だったら、というのをシミュレーションしてみますか。月が大きくて星は無理な夜だし。

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2022/12/08 21:04】 | 徒然
トラックバック(0) |
 このところ、海外旅行の航空券サイトを見ることに熱中している感がある。
 4月はオーストラリア、主目的は日食観測で僻地なので、個人でも行けないことはないがツアーに乗る予定。天文雑誌協賛になったので、現地との調整が大変そうだけど、多分実行されると踏んでいる。けれど気は逸るもので、航空会社がカンタス航空と思いたいが、マレーシア航空?あるいはシンガポール航空か?となると荷物の制限がきついな、と考える。何時に出る航空機だろうか、空港は?と調べると、カンタスは羽田から、平日なら夜の便があることに年休の関係上ちょっと安堵したり。…昔エールフランスでパリ経由イスタンブール行きというのをやったときは、深夜発なので仕事の後に空港に行き、妻となんとなくロマンチックな気分で飛び立った。イスタンブールに飛ぶまでの間が半端に長いので、デイユースでシャルルドゴール空港のシェラトンホテルを使ったのだった。オーバーナイトユースでは躊躇する額だが、それ以外は割とリーズナブルに居られることに驚いた。

 個人旅行OKなら、7月には妻とベネツィアとローマ、バチカン市国に行こうとも話す。戦争のおかげでえらいこっちゃだが、ターキッシュエアが時間的にナントカ許せそうだ。ベネツィアからローマまでは電車かな、と。インターシティかユーロライナーかなんかだろう。1等車の冷房が効いているといいけど。昔イタリアで乗った一等車は冷房が効かなくて、じんわり暑くて車掌さんも検札しなかった。2等車も冷房が効いたり効かなかったりだった。ちなみに鉄道で時間通りじゃない、ということはイタリアでもスペインでも、とりあえずなかった。くし形のターミナル駅を構える重厚さのある向こうの鉄道、存外に真面目だ。

 来年こそ海外での学会に行きたい。どうやら、8月末~9月頭のオランダ・ワーゲニンゲンでの学会は真面目な学会なようなので、とりあえずエントリーしておこう。プロジェクト研究の関係で予算が取れるかという問題はあるけど…うまく妻と合わせられれば、イタリアは御免させてもらって、こちらで今年の海外旅行を代用させてもらえたら、時間的にありがたいか。

 プライベートでも仕事でも、韓国には行きたいのだけど、今の渡航関係はどうなっているのかな?ああ、これも一応調べておくべきか。LCCで安く行けるのはありがたいね。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2022/11/20 20:19】 | 徒然
トラックバック(0) |