2022 / 09
≪ 2022 / 08   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2022 / 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

旅行の鉄板

 ただいま旅行中。昨日投宿したときはログインパスワードを忘れて書けず、再設定して書き込み…なんだけどあまり書く気合いが出ないほどに腑抜けています。我が家の旅行は基本がホテルステイ。風呂、食事、読書、寝る、以上!というのが普通。たまに観光したりするけど、それほど気合いは入れない。勿論、テレビもほぼ見ない。まったり過ごすのがスタイル。
 ということで群馬の温泉ホテルにいる。

 昼、緑が多いので、軽くトレッキングかな、と思っていたら、行く手に猿。警戒・威嚇がないのではあるが余りいい気はしないので取りやめた。ホテルから300mも離れていない所だけど。でもよってこないで正しく人間との距離ができているのだろう。餌付けする馬鹿が出ないことを祈りたい。ただいま山の中は栗が落ち、団栗も多々ある。何か食べている風だったから、何れかだろう。
 シカ・カモシカなどより、猿はよほどの害獣だから駆除してほしいと思うのだが、マタギの人は猿が人に見えるので撃てないそうだ。でも人間は猿や鹿に見えるので撃てるようだ。飲酒運転は厳しく取り調べれられるが、飲酒して鉄砲撃つのはOKらしい。私もそんな現場・跡を院生時代に見ている。当時は生態学をやっていたので、山にはまま入ってきた。黒い作業ジャンパーを使っていたので、命がけのサンプリングだった。
 のちに猿の研究をしている人に伺ったところ、猿は撃ち殺してもほかの猿は何とも感じない(学習しない)ので、適当に痛めつけるくらいで済まさないといけないのだそうで。最良の道具はパチンコ、カッコ良くはスリングショットだそうだ。

 ということで、読むのが遅い私だが、1冊読み終わった。中野ブロードウェイのクロニクル。これの秋葉原ラジオセンター・ラジオでバート版も欲しいところである。ああ、90年代終わりから00年代初めにもっと行っておくんだったなぁ。電材屋さんが土日休業になったのは痛い。

笑えるくらいに元気だという事

 よく眠った朝。
 外部資金関係の書類を見直さなくては…と思ってみても脳が動かない。
 ならば、と11月頭にあるシンポジウムの発表ネタの数字を弄る。なんとなく結果が見えてきたので要旨を…書くと地獄なので、脳が周り出したところで外部資金関係の書類に移る。他、何やかや。終わってみれば昼過ぎ。今日は午後から在宅勤務だった。思い直し、済ませられるものを済ませて退出する。
 そして途中でラーメンを食べて車に給油して帰宅。明日のブレーンストーミング準備をしたりする。そして午前の続きの要旨を考えながら書いていく。数字が欲しくて政府資料を参照しながら絞り出していく。
 定刻になったらリハビリに行き、帰って暫し休んだら夕食。で、これを書く。

 この頃は何かと予定が入ったり、〆切があったり、立ち上げから大型外部資金に関わったり、結構気ぜわしい感がある。特に大型外部資金は表の私的には自分の今の本道の研究ですから、らしく関わり加飾・外連味なくやらせていただきます…と言う限り、裏がある訳で、その辺を声をかけて頂いた方から伺うともう笑うしかないところも有り。11月頭のシンポも私の研究の本道ですからお受けいたします&中々に骨があって面白いと楽しんでいるのだけど、この予定の立て込み方で大丈夫か?と考えたり。明日あるブレストも何気に昔取った杵柄に別所で得ていた知見を加えて脂の乗った話なのではあるけど。状況を見ると笑える感があるし、関われることに、面白くなってきた感をふつふつと感じる。
 年齢並みの建て込み方なのだろうけど、楽しんだり面白いと思えるのは、笑うしかないのではないから、多分それだけ心身が元気なのだろう。まあ、必要に応じて物事の緩急をつけて進める事にしましょう。

 で、もって、明日は温泉に行く予定だったりします。楽しくても、疲れは来るので。

眠れぬ夜の後はハイな昼

 昨夜も眠りに就けず、辛い夜だった。深夜のラジオ番組が妙に面白い…福山声のジェットストリームには慣れていないが、池澤夏樹の紹介もの自体は良いのだけど。
 でも何とかまあまあの目覚め。出勤後がチャランポランだったが…外部資金書類を見直し、ブレーンストーミング資料の問いに回答を書いていくとか、気付けば昼休みに入っていた。
 火曜定例の弁当屋さんも考えたが、軽く済まそう、という事でサンドイッチにした。脳内が、ううう状態だったので屋上で食した。
 午後は早めに始め、メール対応が主だったかも。外部資金関係も来てヒアリングだそうで。部長は適任なのだろうが、私迄指名するか?関係で協力をお願いしたい所にメールを入れたり、事務処理をしたり…で、速攻協力を快諾して頂けて、思わずガッツ入った台詞が口から出た。
 何やかやで2.5時間終了。年休で医者に行く。大抵は空いているのだが、先週の連休連発の煽りか、妙に混んでいた。調子はいいという事で、処方箋を貰って暗い中を速度落とし気味で、途中食事して帰宅する。

 疲れ感はそれ程でもないし、眠気も無い。が、昼舞い上がった感があって、もう一寸しっかり考えよう、運転に集中しないと…とおもう。でも夏の疲れは徐々に来ているので、明後日から休みを入れた。…けど木曜午前にブレーンストーミングがあり、出発が遅れるのが妻に悪いとは思うが、回答を送った故、出ないのも何だし、オンラインなので良いか…と。ああ、Webカムを持って帰ってこなくては。

 今日は早く眠れると良いな。

起動!

 朝起きるのが微妙につらい…
 でも出勤する時にはまあまあイイ感じだった。
 出勤して早々に調子を上げられたので、論文を書き始めようと…行き突き当たるところがあるので、作図で統計解析結果を書き込み、もう一回見直して正しいかをチェックし、終わったら本文を書いていく。再度統計解析結果を書き込む必要が出るが、フッと気づいたところで息を抜く。メールを処理し、幾つか考えるところを返信したりする。少し書き物をしたら昼に突入していた。
 月曜はドラッグストアのポイント5倍。という事で行って買い物。帰りにコンビニでお好みやきを買って昼ごはんにする。
 午後の立ち上がりはイマイチ。事務関係を済ませ、脳みそを強制起動して外部資金の書類を直していく。一旦終わってフラッとしたところでメールを読んだり…小腹を満たしたり…いろいろのうちに定時を過ぎ、更にチョイ書き物をして、構内道路が硬直する前に退出する。
 帰り道は日が落ちて黄昏。注意しつつ走り、帰宅。一休みして夕飯を食べ、これを書き始めた。

 大学時代、ファミコンでFinal Fantasy IIIをプレイしていく中で、これだけのグラフィックとストーリーの仕掛けを組むとなれば、8ビットCPUのアクセスの限界と言われた64KBを越えるんじゃないか?と思いつづけた。確かに8ビットでもOS-9 Level 2で1MBのメモリを持つFM-11というビジネス機は有るけれど、当時的にはMS-DOS Ver3.xか4が出るか出ないかだった。16ビットでもOSが640KBの壁を作っていた。けれどVer.4か5の時にバンク切り替えでやっと越えられるようになった時期と考えると、そんな芸当が6502に出来るんだろうか?とも思った。
 けれどこの5,6年で読んだファミコンのハードウェアとゲームの技術解説本の中で同じではないと思うけど、似たような仕掛けを組んでファミコンでは2メガビットソフトというのが出ていたのを知り…ああ、と。こんな芸当が出来るって、どこまでファミコンのハード仕様を決めるときに考えていたのか、或いは後付けで隙間を突くようなことをやって抜けたのだろうか?その辺は書かれていなかった。ソフトウェアのカセットと本体の間のやり取りがどういうものか迄わからないけど、作りによっては不可能じゃなかったんだろうな…その辺がROMで提供されていたソフトの強みでもあると思う。
 富士通のFM-7/new7では、Z80CPUボードを刺してCP/MやらをOS-9+マンハッタンシステムなしで使うとか、6809の速いバージョン奴+OS-9なマイコンに変えるなんてこともできたんだし、MSXにソフトを指すソケットをハードウェア拡張してHDDを使えるようにしたとか、今もMSX3を基盤かカートリッジなどでMSXに接続とかなんかあった覚えがある。普通にキーボードに収めるのが基本だろうけど。
 そう考えて行くと、本当、8ビットと64KBの呪縛を何気に越えようって考えには目を見張る感がある。そいう言う中で趣味を鍛えてきた面々やポケットコンピュータのハッキングをしてきたハッカーが、後年レジェンド的なプログラマーになって来て、時にリーダーとして君臨してくることは、非常に納得がいく。どれくらいゲームが上手いとかじゃなくて(高橋名人は自分でもそこまで上手くないと書いていた&名人は敬称じゃなくハドソンの役職だそうで)。
 でぐっと戻って80年代終わり、16ビット機を買った某ぶっ飛びの悪友が、プログラムに工夫しなくなって堕落した、と吐露した理由もわかる感がある。現代でも8ビットなPICのコンパイラを購入するかで悩む電子工作趣味者(=日食関係者)がいるとか、少ないメモリ空間を奪い合う、その詰め方はやはり敬服するものがある。
 そして、こういう縛りがイノベーションを生む、という人もいるのは分る。
 だからって、制度的な厳しさが文化的なイノベーションを生むかというと、疑問だけどね。何やかや言ってもイランは意外と世俗化したところにある事を忘れてはいけない。

 MSX3ロゴが決まったそうである。MSXは松下(現パナソニック)・ソニー・その他メーカーのコンピュータのこと…ではなく、Microsoft Xという統一規格のコンピュータ。80-90年代に出てきた、なかなかの名機。ネットは無いに等しく(300bpsで電話で接続出来るネットワークはあったが)、Windowsは無くMS-DOS=Microsoft Disk Operating SystemがOSで、Apple のMachintoshは車かMacか?という程高かった。そんな時代のレトロPCではあるが、3というように2迄は出ていた。これが今よみがえるならどんなものになるか?機体は満々、興味は深々である。

演習とまったり時間

 午後から買い出しに出かけよう、と妻と話し、ゆっくり起きた午前は日食機材の稼働試験にした。外はからりと晴れて気温は少し高いが湿度は低く良い風が吹く。これぞ秋空、という一日。
 こんな時は日食機材を全部出して総合演習…と行ければよいのだが、気合が無いので機材の連動稼働試験を行う事とする。制御を総合的に行うWindowsタブレットに色々繋ぎ、途中コントローラーに繋ぎ、デジタル一眼2台とステッピングモーターを駆動する自作アプリを稼働する。
 …が、やはり?Nikon Z6が上手く稼働しない。もしや、とWinタブとカメラを繋ぐUSBコードを替えたら普通に動いた。USBコードはType-CをミニBに変換するコネクタを使ったので、多分ここが悪いんだろう。一応検査して対策を練ろう。先ずは対処して普通に稼働させる。が、1コマずつ撮影する筈なのに2コマ撮ったり1コマだったりと上手く稼働しない部分がある。プログラムコードを再度見直すか。そして連写が必要な時に連写しない!多分、制御するPICマイコンのファームの問題で、Hiにする順番が違うんだろう。その訂正を早速してPICマイコンの書き込み待ちとする。1時間30分の稼働でどの程度の電力を食うかも測定しておいた。使ったモバイルバッテリの表示で20%と25%消費。25%消費の方は赤道儀スカイメモSと自動導入経緯台AZ-GTiも稼働するけど、これらは消費電力が少ない。電力消費の根源・ステッピングモーターも皆既食が終わったらダーク画像とフラット画像を撮影したらお役御免だし、AZ-GTiは皆既食後稼働停止する。スカイメモSは日食が全部終わってからの稼働停止するが、電力を本当食わないので多く見積もってもモバイルバッテリの電力の~40%を消費するだけだろう。まあこの辺、後々の演習で詰めていくが、十分に持つはず。Winタブは25%ほど電力を食ったので、本番なら50~60%の電力を食って終われる筈。
 終わって少ししてから妻と買い出し~ブックオフ~ファミレスという経路で出掛ける。同じ系列店だけど価格は新規開拓店が一番安いらしく、妻には満足いく買い出しだったようで良かった。ブックオフではそこまでのヒットは無かったけどとりあえず本が売れたのでOKとする。妻は探していた小説を見つけられたのと新規開拓で結構買った。私も1冊購入。ファミレスではのんびりまったり、妻の話を聞いていく。まあ色々。外に出るとこの時期らしい涼しい夕方、空気が澄んでいるので西日が厳しい。

 帰って、一息、これを書く。外から鈴虫の音が聞こえるのが良い感じ。
 半日出かけたが、妻が満足してもらえたなら、私はOK。加えて必要になったものを購入できたし、ブックオフでも面白い発見があったので出かけてよかった。

 ラジオを聞いていると、いろんな番組が9月で終了になることを知る。好きな番組もあったので残念。
 さて、この夜は何をしようか…先ずは午前に見つけた連動稼働での問題をクリアするPICマイコンのファームの書き込みと試験稼働かな。他にも訂正したい部分はあるし。あと自作アプリの修正プログラムの方針を立てる事か。

 昨夜から中野ブロードウェイに住んで思いをつづる人の話を読んでいる。調べたら築58年の55平米で月17万!の家賃。相場観は無いけど、築年数の割には高い感があるか?地階のマルエツや様々な店舗や~3F迄には美味しいのに妙に安い食堂も多々ある。加えて中野サンモールでチョイ良いモノや生活物資は揃うし、駅まで4分、しかもアーケードで雨風を考えずに駅に接続!という利便性は高い。悪友のお子さんが東京に暮らすというので何処が良いかと言っていたので、こんなんもあるでよ、と勧めようとして引っ込めたのだった。でもここに住む、というのはそれなりのステータスだったようだ。人気絶頂の沢田研二ら芸能人も割と住んでたという。
 Web記事だったかで、今は解体されてしまった中銀カプセルタワーも住むことにステータスがある様で、温水が出ないのでシャワーや洗濯が共用で、テレビとオープンデッキテープなオーディオが造りつけて壊れているとか、色々あるようだが、でも住みたい人は多々居たという話を読んだ。黒田紀章の考えは当時としては革新的だったんだろうけど、住んでいる人は後々も革新的なようで、コミュニティが形成されて飲み友集団があるとか。デザイン・コンセプトは人によってバカッと分かれる建築だが、銀座の繁華街迄直ぐだし銀座に住むステータスは判らないでもない。家賃は判らないが、なかなか機会が得られず、空部屋が出た時に即押さえないとむずかしいなか、この記事の著者は上手く入り込めたという事だった。私が見た最安値かもだが、地価の落ちていく中の頃、銀座のさほど便は悪くない新築ワンルームが2千万前半だった覚えがある。職場の悪友氏が住んでも悪くないな…と言っていたっけ。お湯も出るしワンルームとして完結できる後者のマンションの方が普通に住むには良いのだろうけど、ステータスは矢張り中銀カプセルタワーのようだ。私も興味だけならカプセルタワーでコロナの巣籠ってのもネタ的には面白いと思う。故・杉浦日向子氏が江戸の長屋暮らしを解説していたのを、現代に移し替えると中銀カプセルタワーな感じがする。
 築年数と当時最新設備(今的には古い)という事では、どちらも住むならある程度の不便を感じずにはいられないと思う。住むなら中野ブロードウェイ、エポックな感覚で一時住まいなら単身赴任用に考えられていた中銀カプセルタワーだろうか。現実的にはどちらも無い。こうした場所に住むことは、一つのステータスとライフスタイルの選択肢であって、私も妻もステータスへの支出の優先度はかなり低いし、経済的合理性と居住の利便性の方が重要で、今の住居で十分だと思うから。現実的すぎてイカンんか?代わりに時々どこぞかの温泉に出かけて非日常感を得る、それだけで人生のエポックは十分になっているので。

調子イマイチではあるが。

 ぼんやりとした一日。そしてじっとりと蒸し暑い。一時薄日が差して午前は雨も無かったが、どうも調子が出ず、日食機材の組み立て運用演習とは行かなかった。

 シェードが古くなって問題が出たので、ロールカーテンに取り替える作業の1回目をやるのだが、中々上手くない。元付いて居たシェードの木ネジが固着してドライバーでは抜けない。電動ドリルにドライバーアタッチメントを取り付けて、ナントカ対処した。ロールカーテンは取り付け金具の関係も有り、取り付けまでに難があってドリルで下穴を開けたり。こういう時にインパクトドライバーが!とかなるんだろうなと思いつつ、手動と電動ドリルで対処。思った以上に時間を食った。
 暫しHPを弄り、病院が午後の診察を始めたらリハビリに行く。終わったら100均で電気関係の小間物を入手。耐久性は不明だが安く入るのは有難い。ああ、AUXコードも入手しておくんだった。こちらはもろに100均で耐久性が低かったので緊急用と割り切って使用を考えている。
 工作モノもあるのだけど、脳内で何をするのかを忘れていて思い出せなかった。サーボモーターの電線の張り替えだったが、どうも集中できず。こういう時はやらない方が良いか。
 夕飯は妻の買ってきてくれたサンマを焼いた。グリルの処理は少し厄介だが、やはり私は魚好き。痩せていてもサンマは季節の魚。大量の大根おろしと共に美味しく頂いた。焼き加減がイマイチだったかもしれない。もう少し焼き込んで良かったかな?まあそれは次として。

 そんな事をしつつも、今日は兎も角気温がこの時期にしては高く、湿度が高くて、何ともジメジメな一日だった。

 明日は天気が回復するらしい。買い出しには出よう。加えて、ぶどう狩り…行こうか、否か…?

よく眠った午後

 昨夜は早々に眠れて、よく眠った。何度か目が覚めたが天気予報と異なり雨音がしない。どこかに出かけられる?と思いつつ。気づくと昼、目覚めると15時を過ぎていた。
 その時には雨模様。
 ぼんやりと過ごし、夕食はあるものでドライカレーを作った。炒飯の味をカレーで付けただけの簡易品。まあ普通の味。 

 今日はよく眠った。
 天気予報では日曜天気が良いようだが、はてさて、台風15号でどうなりますか。

 ミスタイプが多いので、調子が良い訳ではに模様。今日は早々に〆ますか。

眠れない夜の3夜目、そして論文と外部資金と、車語り

 今夜も眠れず、ジェットストリームを聞き、トーク番組を聞き…何となく眠れそうな感を得てやっと眠れた。
 通勤の往路は謎の渋滞と起こりたて事故渋滞でノロノロ。イマイチな気分だが兎も角、気分高めて朝一の仕事をして、ひとつ終わって一息。そこから論文を書き、これは作図できちっと統計解析結果を書き込まないと自分の脳内が付いて気ないな、作図を始める。昼前に空腹感で休止。人が来たり電話が鳴ったりでイマイチ落ち着かないうちに昼が近く。
 フライングで夜中に感じたラーメン欲を満たすべく、車で出掛ける。空腹に任せて半炒飯も付けてしまった…
 午後はそれでも眠気が出ない。満腹でやる気がしない、という事も無い。どうなっているんだ?と思いつつ、外部資金関係の打ち込みとかをする。直しも少し見る。イマイチやる気が出ない。で、午前の続きでExcel上に書いたグラフをPowerPointに移し、体裁を整えてみる。見ていると、ふ~ん、う~ん、む~ん…楽しい。けどどうも脳が動きにくくなり、気分を変えたり色々するけど、だめ。そのまま定時となり、今日は早々に退出。
 帰路は雨が時々降って来たが、路面が濡れても降っていなかったりなので、相当に雨雲の分布が不均一なんだろう。朝の事故の事もあるし、注意はしていく。

 と、えらく五月蠅い排気音の車が居るな、と思ったら、姿を見ると色々盛って勿論マフラー交換のぶっといのにしているスカイラインだった。ワッペンはGT-RでR-34のようだ。中古でプレミアがついている筈で、価値を考えればおいそれと改造は出来まい。どこぞかにこういうワッペンだけ売っているというから、普通のスカイラインに張り付けているだけではないかな?と。というのも改造するならブローオフバルブも社外品にしてシュパ!という一時流行った音をさせるはずで、それが全くなかったから自然吸気、つまりはワッペンだけの偽装だ。乗っていたのは割と若そうな男女だった。酷い危害を加える走りはしていなかったので、まあ好きにしろ、であった。或いはあそこ迄やんちゃを楽しんでいる系統なら絶滅危惧だな、と。
 帰って価格を見たら、本物のスカイラインGT-Rなら安くて900万程、高いのは3000万位とネット上の中古自動車ネットワークが提示していた。GT-Rじゃないスカイラインが100万切りだった。改造に幾らかかるかは知らないが、土地なし・家のみ~土地付き物件が買えちゃうだろうという車を弄るとは考えにくい。もっと人気の旧車スカイラインGT-Rは日産が中古市場に流さず、転売・輸出しない事で念書採って売るのだそうだ。となれば価格は相当なモノだろう。25年ルールでアメリカでは相当な人気なのだそうで。
 他、泰然と2世代目のセルシオ(今のLEXUS LS)が走っていたり、まあこいつは時に見るか。調べてはいないが中古価格もこなれているか底値になっているらしく、上手くすると購入とほぼ同額で売れるらしい。そんな事を考えながら、自動車整備工場の駐車場にクラシカルなジャガーのセダンが置いてあるのを見て、…でもATだろうから買う事は無いな、と。デカい車は個人的に不便、というのは昔BHファミリア・セダンに乗った時に思ったのだった。5ナンバー車だけどね。

 帰宅。ラーメン&炒飯の威力で余り食べる気にならない。暫し休んで、これを書く。

 3連休である。予定はないが、気分が良ければぶどう狩りを考える。
 その前に今日、しっかり眠れると良いが。

文字と数字に酔う

 眠りに就けず、頑張って0200時前に眠ろうとした、辛い夜。朝の目覚めは昨日よりは良かった。
 出勤してnprを聞いたらどうも聞き取れないけど嫌さはないし、調子が随分と上がって、早々に朝一の仕事を上げて送付。終わって一息ついたら論文を書き始める。継続力は無いけど、意外と書けるし気が付くし、自分に驚くところもある。問題は文法的に日本語になっているかだ。昼前に脳みそが飽和し、呆けた時間が出来るが、数字を見ていて「?」で思うところはそのExcelのワークシートを探っていき、計算が変なところをチェックする事も。
 昼は空腹感無く、でもやっぱり、とコンビニに自転車で出て、お好み焼き(広島版)とおにぎり1個を買って帰る。薄日が差すだけで気温も低く、気分的には非常に良い。
 気分を変えて午後、でも外部資金に頭が回らず、論文を書き、飽和したらExcelのワークシート関数を見たり、リンク先を探ったり…で、これ行ける、と思うところに来たところで定時を過ぎていた。メールに作業依頼があったけど、気分的にケロケロだったのと構内道路が固まるので早々に退出。
 注意しつつ、まあまあの調子で本屋に寄って帰宅。今の状態だと、来月は新書にして単行書はちょっと押さえようかと考えたりする。私の読書の基本は新書だったし、そこに落ち着こう、少しの間、と考える。
 帰宅。軽く食べ、息を抜く。思い切り抜いて、これを書く。

 久々に論文を酔うまで書いた。ワークシート関数もヤバい所を見つけ、見直し、通してこれでいい筈、というところまで追い込んだ。結果と考察の最後の節を書いて、終わったらグラフを作るのが次の仕事か。来週には終わる位にしたいものだ。

 なんか今日は脳内が空っぽな感じになった。早く眠っておいた方が良いけど。昨日の眠れない夜はいい気分じゃなかった。そして明後日からは3連休…さてどうしますか。

台風一過の筈である、が。

 嵐の前の静けさは岩にしみいる前にイマイチ威力無くなり、今朝はじっとり雨模様。が、これも雨というには弱雨か曇りか、時に強雨という感じで定まるところが無い。

 夜中に目が冴えて、暫し深夜のFMを聞いていた。この時刻ゆえの面白さがあるのがイイ感じ。風は強く、さあ寝ようと窓を閉めようとしたら風圧で非常に力がいった。
 本来の朝は眠くて悪い状態、でも割と気合が入って出勤。
 着いてから暫しは割といい感じ?で調子を上げて、早い時刻に論文を書き始める。と、通常の定時に電話何件か。メール対応の提出書類の事。ちょっと手間取ったが何とかこなす。更に論文を書いていく。スルスルと文書や考えが出て、ああこんな事を自分の中に持っていたのか?というのが不思議に思えるほど。昼前に軽い空腹感を覚えるも、昼時間には空腹感が無く。
 今日は火曜日、という事は弁当は売り切れても自販機にサンドイッチか何かある筈!と雨の外を見て行ったら、確かに残っていたがサンドイッチは厚切りロースかつサンドとあんバターサンドの二択!キツイぞ!!あまりに厳しい選択だ…が、多少は栄養価と考えてロースかつにした。野菜をどう補給するか?今考えるとスムージーも売られていたからその野菜の多そうなやつを飲むのも手だったか?と思う。と、外を見るとええ感じに雨が上がっている!?でも気合なく、メールをかえしたりして時間を過ごす。
 気づくと午後。午後は事務関係と考えて色々していたら、それだけで1時間以上…なんつー非効率な…と思ってしまう。気分が落ちるがメール対応が続き、外部資金の申請書を考えるか…と申請サイトに行ったらメンテ中。致し方なく…暫しやっているセミナーを聞きつつ、論文を書きつつ、データを…見たら成程なミスを見つける。セミナーが終わってその後はミスとその先に必要な訂正と発展すべきことを計算していく。
 一通り終わったら定時を過ぎているし、もう少しで構内道路が固まる時刻になる。
 ので今日はここまで。洗い物をして退出。極めて弱い雨にワイパーが適切な速度とならず悩ましい。バイザーで開ける範囲では湿気がこもるので、クーラーを入れるしかない。これが台風一過か?と思う程の渋い天候。直帰し、野菜を多めにと考えて簡単に作って軽く食べて一服してこれを書く。

 今日からマジに学会の後処理が決まったという感を受けるメールや事務関係を幾つも済ませた。あー、復命関係とか未だか…?宿泊を伴わない日帰りは復命不要。今回は自腹で歌舞伎町に泊っただけで、旅費は日帰り×3だからなー。まあやっとくか。
 明日やることは外部資金関係の書類を進め、論文を書き進め、必要なグラフを出していくことか。

 今日は雨だったので廊下に傘が干してあることがあった。見ると何気にP.モンドリアンのコンポジションを切り取った柄(としか思えない)。これには何かウケた。祖国オランダに田舎と自然を嫌いニューヨークの真っ白なアトリエに唯一真っ赤な蓄音機を置き、口癖が「もっとブギウギにしなくては」…だった覚えがある。黒の垂直と水平の線でキャンバスを区切り、適宜原色を配しただけの規律と整然だけを良しとしたが、曼荼羅に影響を受け、しかし結果はキャンバスを斜め45度に切り取った正方形でその中に矢張り垂直・水平に区切った非対称の枠に原色を配する。でもそれが最大の冒険だったようだ。その彼の作品を傘型に切り取る、というのは、冒涜と採るか現代的解釈と喝さいを送るか?私は後者を採って喝采を送りたい。故人には悪い!と思うけどね。
 もう一つ、レインボーカラーの傘もあったけど、これが村上隆のスマイリーだったら私はブーイングだ。だがそこにプライスタグが刷り込まれていたら喝采を送るかな。作品はそこまで好きじゃないが、ビジネスのやり方は上手いな、とか中野ブロードウェイのジンガロ横丁に見る選択のセンス、自前の店の堅固なやり方は優れていると思う。個人的に、開店を待って行列して買うほどか?と思ったりするし。
 こういう弄りを好きに楽しめる、それも現代アートの在り方というか、時代に生きる事の愉しみだと思うのだけど…あまり好まれないんだろうなぁ…

M氏

Author:M氏
 食・農・肥料にまつわる物質循環と環境影響について、ヴォイニッチ手稿みたいな暗号・謎の世界をを解いていくことに喜びを覚える科学者の一人。
 謎な生態、日々の私生活と研究生活、そして何気に読んだ本のことや日食観測者としての活動状況等々、書き綴っていきます。


にほんブログ村 科学ブログ 農学・森林学・水産学へ
にほんブログ村
 リンクはフリー、ブロ友はいつも募集中

QRコード