≪ 2017 02                                                2017 03 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 動き出してみれば 

 昨日よりはまだましな感じの午前だった。音楽を聴けたから?まあ何かのスパイスがあればうまく行くのか?
 プログラムコードも読めるし、間違いもいくつか見つける。単位ずれの根源をさらに探らないとダメだな…と思いつつ、ひとまずの答えを出し終えた。これをまとめることで今日は終わっていきそう…

 昼食、ちょっと工作室にこもって、きちんとやって追いたいことを終えて、もう一回ボール盤を使えばいい、だけの筈。

 午後はプログラミングの続きと雑務。いろいろなことが頭に浮かんで、どうするかを考える時間にもなる。お茶の時間を過ごして、まとめをしたら今日は終業の時刻を過ぎた。

 帰宅はのんびりと、注意して。帰宅したらやりたい事は色々あるけど、何となくPICのファームウェアを弄ってみたりする。PICプログラマを使う準備をしてみるけど、うまく行かない。う~ん、明日の夜、新しい回路を作らないといけないかなぁ…。

 何冊か、Kindleの本を読了していたのを一昨日確認した。紙媒体もある程度読んでいた。Kindleでは『平和のための「戦争学」』。紙媒体の『逆説の軍事論』と共に、どうしたら日本という国が極東で生き延びられるか、という事に対して、真摯に、また後者に関しては今後確実に多極化する中で日米同盟の方向だけで良い訳ないのだ、というのはリアリズムに則った考えだと思った。何れにせよ、西を見ろ、北を見ろ、南を見ろ、そこで日本がどんな位置を占めるかを市民が考えてられるようになれ、という事がまず必要。いや、それ以前に思考回路自体を実装しないといけないかもしれない。平積みにもなっていた『世界史で学べ!地政学』の締めが独立独歩やっていくことだよ、何てのは老子もびっくりなユートピア思想にして通底する現状把握の薄さを象徴するが、前述2著はリアルである。読みかけの中に中立国化に関する本もあるのだが、〆てみればどうなるか?少なくとも、スイスはオーストリアが両国の国防に必要なエアパワーを持たないことに難癖をつけているくらい、中立国というのは大変なのだ。スイスに関してみれば陸封国なのにWW2のリアル系?海戦モノで必ず登場する「エリコン砲」はイギリスなどに熱戦中に売り込んでいるわけで、これくらいしたたかでないと永世中立は成り立たないんだよ、ということの象徴なのだけど。OSINTの粋だった『戦闘機の戦い方』と同著者だったので、期待して『海上自衛隊「装備」のすべて』を読んだが、これはほぼ収穫なしで終わった。『自衛隊自主防衛化計画』は人員を除き、どんな装備が必要で充実させる必要があるか…を考察してみたという意味で、面白い視点だと思った。これはこれでリアリズムが感じられた。国際社会は無政府状態なのだ、という事は、個人的に懇意にしてくださっているし、懇意にもしてきた中韓の方々という政治(=軍事)とは別次元の存在を持つ者として、痛いほどよくわかる事である。
 他に紙媒体として、『負け組ハード列伝・ホピ―パソコン編』も読んだ。中古のFM-new7を使っていたけど、それでもソフトの少なさに泣いたのに、でもそのハードに飛びつき、ガシガシBASICをやっていたのかな…なんて考えると、ちょっと甘酸っぱい気分になる。ファミリーベーシック、メインメモリが4kbには笑った。でもスプライトを使ったりできたわけで(図書館で解説本を読んだ)、それは羨ましいな、と思った。あとMZ-80Kよりちょっとだけ前に日本初で完成品が発売された、というのは新知見だった。今もポケコンやMSXに興味を惹かれてしまうけど、それよりPICやWindows プログラミングをしたい、と思う。回顧もいいのだが、やはり技術的に進歩したものに惹かれるのが、技術にも手を出す口としては致し方ないよね?と思ったりする。

 という事で、明日はVBAプログラムの再考を頑張ろう、ということで。

 レッドブルは翼を与えるか? 

 どうでもいいのだが、調子に乗れない午前だった。目覚めるのにコーヒーを使い、何かしら刺激になる物事をやろうとするのだけど…。刺激物という事で、奮起一発、レッドブルを飲んでみたら、割といい感じ?でどうも気になって仕様がなかった結果を導く過程での桁の変化の追加があるかどうかのチェックを一から始めたら、何気に気分はいい感じ。コードも読めるし、いい感じで昼になった。

 けれど食欲は少なく、ご飯はごく少な目…。その後自転車でホームセンターに自転車で行く。ハーブティも手に入れたかったが、忘れた。

 午後はさらに作業を加速し、出てきた数字の意味をいろいろ考えたり、間違いの有無を考えたり…いろいろするうち、時間は有意義にスカッと進んだ。

 調子的には悪くないが、後に引かぬよう、長居はやめて切りのいいところで退出。

 帰ったら眠気に負け、横になるが眠りに入れずに再度起きだし、日食の機材に要るファームウェアを考えることに。明日の研究にテコ入れできるといいのだけど…

 デバッグを終えて、要旨を送る 

 電車バス通勤となり、本が読めるか?と思ったが、調子はそれほど出ず。
 午前中を昨日の画像のアップロードとVBAプログラムのデバッグに費やす。さかのぼっていくとミスったところに来るわけで…まあこんなミスか、といったところ。結果上手く動くようになった。次必要なのは、単位(桁数)の問題が解けているかどうかの再チェック。

 昼食、工作室で少々。

 午後は8月の学会の要旨とバイオグラフィーを書くことに費やす。接続が遅く、どうもよろしくないが、何とか送付した。一息ついたら退出し、医者へ。結構混んでいた。休む時間をきちんと休んだ方がいいみたい。
 帰りはのんびりと。本屋によって雑誌類や気になった本を手にする。
 家の無線LANが効かなくなり、どうしたものかと考える。ドライバーを弄ったりいろいろするが、全くダメっぽい。有線に切り替えたが、どういうものかな。

 明日が週の真ん中…3月も終わりか。年度末という事で何かあるかというと無いのだけど、VBAプログラムの算出結果をきちんと見直していかなくてはイカンな、と思う。来年度は出版ラッシュに持っていきたい。

 今日は眠ろう… 

 何が何だか…といううちにバグの位置が特定できず、しばし悩むが、悩むだけですべて終わってしまった。
 なんだかんだとしていくうちに時間は過ぎて、昼食、午後、気づけばもうすぐ先任の壮行会。ということで、紹興酒とトカイワインの5番を持って出陣。彼は職場で2年ほど先輩だが年齢はもうちょい上。自分の出す論文の情報を上手く掬い取って別の面で活かしてくれていた方だった。科学者として、見識も広く壮行会にはびっくりなほど人が集まった。
 私はやっぱりカメラマン。デジタル一眼レフのすごい所は銀塩時代よりずっと多くのコマ数をフィルムの巻き戻し・再装填することなく撮像できることだ。

 中締め後、集合写真を撮像。ここでごめんして、退出。そして研究室でタクシーを回してもらう手配をして、駅へ。電車で帰宅。
 寂寞感を感じつつ、私は私の研究を大成するというより、大成するよう応援するような情報と論文を書いていくことをなのだろう、と考えたりする。

 明日は早いし、今日は眠ろう。水分を多くとって。明日は医者で早退、となるはず。あ、発注した本を取りに行かなくては…まあ明後日でもいいのだけど。

 眠れ眠れ 

 昨日、寝たのが早かったわけではないが、今日は割と早めに目覚める…って言っても平日なら遅刻だが。
 昨日の戦利品を確認し、チマチマ半田付けしてPICマイコンのプログラマーのキットを組み立てた、が、この回路、思った通り外部電源が必要。ちょうどスマホなどの充電専用USBケーブルの切れ端があったのでこれを加工しようか?と思いつつも、冷え切った半田ごてを見るとどうも気分が盛り上がらない。PICマイコンのファームウェア作りも考えるけど、どうも頭が動かない。ぼんやりした中で午前を過ごし、午後一で妻と買い物に行く。以前住んでいた街だが、こんなところでも建て替えや店舗移転、新規出店などあり、随分と驚いた。

 帰って午後は眠りに眠る。まあ、起きていて良い時間に起きたのである、が、なんか割り切れない感じがしないでもない。
 日食機材の作成に関するHPに載せていた回路図の間違い(でも実際の回路では正しく配線されている…)というのを見つけて、修正をいくつかかけた。ファームウェアも手掛けようとするが、どうもイマイチ切れがない。

 まあ、休日を急ぐ、というのも変な話かもしれない。が、いろいろなマイコン仕掛けの機材が出来てくると欲が湧くものだ、と思う。この辺が、フィジカルとメンタルのナッシュ均衡に至るのではなく、パレート改善していくといいのだが…まあ多くを求めるものではないか。

 ここまで何がどれくらいで来たか、という事を一回話を止めて考えてみるのもいいかな?とこうして書きつつ思う。やりたいことは一杯。OnもOffも。こういう状況は有難く楽しむべきか。

 重なるときには重なって 

 昨日はふと気づいたら随分と夜更かししていた。
 そんなこともあって朝は恐ろしくゆっくり。行きたい店の営業開始時刻を考えるとまあ、いいのだけど。という事で先ずは望遠鏡の部品が届いたコプティック星座館。日食の経験の深い女将さんだが、余りに高価という事で辞めだそうだ。代わりに良い画像が出来たらお土産にしますよ、と話す。そして秋月電商に行き、壊したPICマイコンの予備を今使っているけど、これを壊した時の予備を考え、また別の機材用PICマイコンを購入。他に小物をいくつか入手する。最後がヨドバシアキバ、ビクセンの微動雲台を入手。これで取り敢えず日食関係で使う機材のハードは揃ったはず…と考えるが、はてさて。

 帰宅。しばし調べ物をしていたら、眠い眠い。
 この時刻に眠ったら…と思ったが、意外と早く目が覚めた!?
 この3月、いろいろ日食機材と9月の学会の宿代、定期の書き換えとカードでの出費が嵩んだ。年度末、という感覚はないが、デカい出費だと思うこと数多。書き換えで印刷が見えなくなっていたsuica、新しいカードに更新されて書き換え機能付き券売機から出てきた。ちょっとうれしい。

 明日は妻から頼まれごとアリで近い所に出かける事、他に予定はないのでPICのファームウェアを作成すること、かな?
 電車での移動中、「戦争の社会学」を読了。世界史と戦争の内実に関しては、少なくとも「世界史で学べ地政学」よりずっと内容が充実した地政学と戦争学の本だと思った。「国際情勢の「なぜ」に答える!地政学入門」と共にお勧めできる。というか、「世界史で学べ地政学」の内容が薄っぺらくナイーブなものだった、というだけとも言える。知的劇薬の異名を持つ地政学、もう一冊入手しているが、次はポップカルチャーの本を読む予定。

 何に疲れる? 

 変な時刻に起きてしまい、二度寝入りが寝坊につながった。
 が、出勤はスキッと済んで、nprやBBCを耳に入れても悪くない感じ。気分を盛り上げるのにある程度の時間を食うけれど、昨日作成したVBAプログラムのカスタマイズを行う。…が、ちょっとうまくない。そんな訳で混乱しつつ、昼時間に突入。

 昼食、のち学会費を払いにゆうちょ銀行にあるATMへ。帰ったらちょうどいい時間だった。

 午後は要請されている8月の学会の要旨を書く。が、どの国のサーバーかわからないが、どうでもいいくらい読み込みに時間を食ってしまう。何やかやとするうちにお茶の時間はパス。文書や提出書類を出して、終わったら定時過ぎ。という事でまともに纏まらないうちに終了。これ以上続けられる自身もないし。

 帰宅は危険に注意して、安全を考えて。
 帰宅したら、明日望遠鏡の部品が店に来たという事で、明日買いに行くならどの路線を使うのが安いか、などを検索。その後秋月電商で昨日とあるコネクタを逆に取り付けて超高温になって、壊れたPICマイコンの予備と切れかけの部品をチェック。買い物リストを作成する。どこにどれだけ時間を割くか、ぶらっと歩くのもいいけど、抜けている感の強い今日この頃、在庫の具合から買うものを前もってリストアップして置いたり、どの店でないと手が入らないか等を考えつつ、地下鉄やJR線を使うかを調べておく。
 このところ、金曜ブログが書けて無かった感がある。どうも調子が出ないのだ。職場でいろいろやってることにやる気が出ない訳ではないし、プログラミングで足踏みしていても、失敗感が強くなりすぎることも無いし、うまく行ったときに充足感が無い訳でもない。妙な疲れが出る。どういうものなのか…。
 取りあえず、今日は頭が動かない感が強いので、PICマイコンのファームウェアを組むことを辞めて、横になって本を読もう。

 結果を見ながら思う事交々 

 iPodを忘れて音楽もニュースもない朝、もう一発がなかなか出ない。が、動き出したら何となく、プログラムのミスもわかり、直して取りあえず動く状態にする。

 昼食、月曜、大学の教授に転職する人の歓送の飲みのためにトカイワインNo.5を供するのはもったいないことではないな、と考え、試飲用の小型カップを買いに100円ショップへ。

 午後、ちょっとゾッとすることを思い出し、8月の学会で中国に飛ぶための飛行機を押さえ、前泊必要という事で宿も取った。11月の学会に対応することもしなくては。そういった問題をこなしつつ、プログラミングに戻って没頭。お茶の時間に少し気を抜くがその後いろいろ考えつつプログラムを作ってみて、完走したところで比較できるデータを使ってちょっと試算をしてみたが、どうも数字がよろしくない。悩ましいが、これは再度1からデータを見ればいいかと考えた。…と気づけば定時をそれなりに回っていたので、今日はここまで。
 運転に気を付けつつ帰宅。

 昨夜からPICのファームウェア製作にかかっているが、どうもイマイチうまく行かない。その上ミスって極性を間違えPICマイコン1個破壊し、ショートさせてマイクロUSB の配線を破壊してしまった。電力的にはサーボモータへの給電が無ければデジイチの制御に関して問題は出ないから、取り敢えずファームウェアを上手く動くようにしていくことが必須か、と。プログラマー基板を作ることもやったほうが良いとも思うし、夜のほうがしっかり充実しているのかも…

 1行だって… 

 プログラムを書こう、と考えるが、なかなかシャキッとして一気に立ち上がれたか?というと気分を上げる時間、結構食った。小間事もこなしたが、たかが標準偏差を出すのにこんなに時間を食ってしまうか、と思うと何とも空虚な午前だった、が、昼までに様様なアイデアが浮かんで頭の中がうじゃうじゃになる。

 昼食、ドラッグストアへ飲み物系を買いに走る。往復4kmはどうという事がない。この距離を6-7kmに伸ばして行けないかなぁ…と思うのだが…

 午後、プログラミングにどっぷりと埋まる。結構アイデアとか仕掛けが頭の中でできるのが嬉しい。
 これを基礎にして、いくつか変化させたバージョンを作り込めば、結構議論の題材になるかな、と考える。
 軽くお茶を飲み、プログラムをデバッグする。とりあえず動く、というところまで進めて、定時を過ぎていたのでメモを取って今日は終了。簡単に片づけて、退出する。

 帰りは焦らず騒がず注意を切らさず…これたと思う。
 ハードウェアは概ね作り上げたので、これからはPICのファームウェアとPC側のプログラムである。PICのファームは何とかなるけど、PCのほうは困難になりそう…。だが時間は待ってくれない。日食関係機材の事も進めていかなくては。本も読みたいし…欲張りかな?
 

 考えてみれば4日ぶり 

 朝は起きれなかったが、まあまあの時刻に出勤、コーヒーを淹れて、Podcastを聞きながら調子を整えて、休んでいるうちにちょっと気になっていたことを再計算してみよう…と考えた。プログラム自体はあまり細かくいじる必要がないので作り上げたプログラムに+αのif文を加えるだけで終わった。ありがたいものである。が、その調子に乗せるまで時間を相当に食ったのはやはり4日出勤が空いたからかと考える。
 昼食、雨のため部屋でのんびり。保険屋さんがちょうど来てくれて、少々尋ねたいことができて良かった。
 午後はこれまでの平均値算出から標準偏差の算出を、どういう方針で行うか、と考えつつ進めていく。が、なかなかデザインが考えられず、悩む。
 お茶の時間、職場(研究所)の将来に関するリーダー会議での話をEリーダー中心に話すが、個人的にかなりネガティブな気分にならざる終えない話があまりに多く、毒を吐くことしかできなかった。それもその場で済ませ、プログラムデザインを考えて、メモを取って気づいたら構内が混み始めそうだったので、早々に退出する。
 雨の中、帰宅は焦らず急がず注意して。帰ったら気になっていた物事を済ませたり、眠気を覚えて横になるも、眠りには就けず…
 半端なままなので起きだした。手をくわえられる日食撮像機材のファームウェアを弄ることかな、と考えなおし、気分を載せたらやってみるかな、と考える。3月は去る、と言われるのだったか、でもこの四半期公私ともにまずまずの進み方で来られたことは有難いと思う。あともうちょい読書が進むと良かったかとは思うけど、濃度MAXではなく、まあまあの緊張と脱力を出せたので良いか、と思う。大学に入ってB1かB2の時に何気に麻雀の入門教本をパラ見したとき、牌の出し方は流れるように…と書かれていた。大叔父から博打だ賭博だと金を賭けることをしてはならない、と言われていた(家系上にはいろいろあって)ことを守るべきだと私は思ったので、そのまま来ている。まあ、研究を突き詰めて腑に落ちるところに話を持っていくのには、無数の賭けをする必要があったりもするし、日食を見に行く、というのもかなりリスキーな楽しみであるが。

 明日は霞んではいたけれど、標準偏差を算出するプログラムをできるだけ組んでいこうと思う。今週中に出来れば、来週にはまとめができるだろう。そして4月へ…と思ってみれば新年度なんだね。全然感覚がマヒしていた。

M氏

Author:M氏
食・農・肥料にまつわる物質循環と環境影響の研究をしています。
日々の普通の生活と研究生活の事情、読んだ本のことや時期によっては星見の事などについて書いてゆきます。
ブログのタイトルは遊佐未森の曲からとりました。

にほんブログ村 科学ブログ 農学・森林学・水産学へ
にほんブログ村
 リンクはフリー、ブロ友はいつも募集中


-天気予報コム- -FC2-
QRコード