なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝起きるのが辛いし、出勤してからもイマイチピリッとしない。午前前半は調子を上げるのに浪費されるも、後半はちょっとした論文関係の事をして、昼は妻が持たせてくれたお弁当。郵便を出しに食堂のある棟に自転車で行き、ふと食堂の方を見たら見事に自分の方に視線が向いており社会的距離を取った配置の恐ろしさを感じた。
 午後は事務系の書類と研究上の依頼を受けたり、ファイルを掘り出したり、色々するうちに早く過ぎ、著作権関係の書類を出したり、様々なことが舞い込んでくるうちに過熱して、論文を読んでクールブレイク。時間もいい感じなので退出することにした。
 往路同様復路も通常通りといいたいくらい車が多い。でも本当に経済が回るまでは相当にかかるんだろうな、とも薄々感じるところである。今朝入れられなかった燃料を入れて、洗車して帰宅。
 昼もじんわりと暑かったが、今は暑さはそれほど感じない。有難いことだ。思う処は数あれど、どうも何にも手が出ない。どうするかな?

 職場で何気にか格安SIMを入れた格安お中華Androidスマホを立ち上げたら、ネットに繋がらない。4G通信もしていないし、ただ試したら電話は何とか掛けられたけど、3G電波が弱い!?何故か。燃料を入れて帰宅する感にふと浮かんだ。APN設定をしていなかった。少し落ち着いたところで手引書をだし、チョイと設定してみたら、あらま。簡単につながった。機材固有なのか、バージョンの違いなのか、設定ガイドに沿った操作が出来なかったのがちょっとめんどくさかったが、出来たんだからOKとしよう。…と、さて、もう一つの端末・タブレットの方も設定していたか確認しよう。改めて携帯の通信料を見て、3台のAndroid端末に安いSIMを入れて、その全料金と同じくらいの額というのにちょっと驚く。緊急時には帯域の資源が少ないから通じにくくなるだろうけれど。

 後…今年度は国際学会無理かな…と思うけど、12月に落ち着くようなら、香港の学会に行こうと考える。6月末が要旨の〆切。8月末が早期登録で安く学会に出られるから、取り敢えず要旨を書こう。国内学会がオンライン開催になったので、もう一発気合が持つように。12月はもしコロナ禍がOKならアルゼンチンにも行きたいけどね。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/06/03 19:12】 | 研究
トラックバック(0) |
 何気に在宅勤務を入れたが、結果余り仕事にはならなかったかも。ただ論文関係をやっていて、書き足りない所や直すところが見つかったのは大きいかも。論文をばらばらとみて、行ける、と思ったものを取り上げていき、再度明日読んで考察に活かそうと考える。…こうやって考えるとまあまあ仕事になっていたのかな?
 1日だけ在宅でも調子は出ないでもないんだな、と思う。明日明後日で調子がどうなるかもあるけど、うまく行くなら金曜日再度の在宅としよう。

 昨日と来週月曜で色々な施設が動き出しすみたい。比較的近い中で近辺では大きい方な書店が営業を開始するのは有難い。が、本質的なCOVID-19の影は先週・今週ではなく来週人出が様々なところで大幅に増えた結果は来週の発症者を以て評価し、他方で今週の発病者を以て自粛同調圧力期間の効果を検証しないといけないんじゃないかと思う。危険さと遭遇する頻度がリスクという定石で考えると、人が山と出ているであろう先週・今週が感染発症のリスクが非常に高い訳で、本番はこれから?とも思える。はてさて、こうした確率論を政策決定者の取り巻きは考えることが出来るんだろうか?

 色々出かけたいけど、リスクの高さを考えるならもう少し控えるのが当り。だが、こういう時に何気に電子工作の部品が足らないという事も発生していて…秋月電商にタッチ&ゴーするか。銀座のいわて銀河プラザにも行っておきたい…お酒を見に。そして実はニコンプラザ銀座のすぐ近くにあった銀座シックスの蔦屋書店を味わってみたい。地下鉄で移動となれば相当感染リスクは高そうだが、いや待て山手線と同じか。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/06/02 19:49】 | 日常
トラックバック(0) |
 起きるのは辛く、午前中は気分が上がらず悩ましかったが、午後は相応に活動で来たのは有難かった。
 通勤の車に見る今朝と夕、道路状況は相当に混んでいるというか、通常通りという感じである意味、前も後も無く通常通りと感じる。これの良し悪しを問う気は無いが、公共交通機関を止めて積極的に自動車通勤を勧める職場ってどうよ?と思う方がもっと問題あるとは考えるところ。十分に過疎な職場に入ってくるバスが運ぶのは空気であって人でないとか、元より私の通勤時に電車を使うなら帰路は帰宅ラッシュで電車を東京に運ぶついでに人が乗る程度。逆に言うと往路は東京都の周辺から都心に人を運ぶ電車を戻すために動いていると言えるかというと、乗車率で考えるとそれに近いかな?乗車率は6-80%行くと思うけど、学生を見ると東京から何で郊外に行くかな?と考えること多少。
 昼は自転車…と思ったら強めの霧雨。車でまず食事を摂りに行き、帰りには雨が上がり裏切られる。郵便局に行き、帰ってみると車は文明の利器だと感じた。でも自転車の気分爽快と交換条件にはならない、違う種の愉しみになる。
 午後は論文にかかり、データ、と思ったらオーダーが入る。という事で暫しかかっていたらちょっとのめり込んで午後の2/3を使う程になった。残り時間は論文を読むインプット。ふと時間を見たら!思ったより熱中できたようで、通常勤務の定時が近い。総務で在宅勤務の場合のやり方を確認し、退出。まあこんなもんでしょう、という混み方で帰宅。
 明日は在宅勤務にした。出勤率は80%以下にという感じの様なので、週1(相当)は決定し、裁量で金曜日も取ることにするが、これは水木の状況で決める事にする。

 帰り道、信号の手前でコンビニの駐車場から道に入ろうというトヨタ・クラウンを入れて見た。トップは兎も角、販売のトヨタブランドの個人向けとしては一時セルシオが目の上に出来ても再度の最上級車、30年以上前から終わってるとか言われつつも、自社他社にもろもろのクルマ、しばしば後の名車といわれる車が消えていく中で、老齢化がと言われつつも販売が良いのか喜ぶ顧客がいるのか、まだまだ続いているから偉いもんだと思う。ほぼ真横からシルエットを見ると品よくデザインされているし、前席は勿論、後席にはよりいい感じで乗れるんじゃないかな?と思う。そして何より今や希少なFR車だ。といって私も結婚当時NBロードスターRS(ビルシュタインのショックアブソーバーとトルセンLSDに思わず手が出た)に乗っていたからFR車を経験しているし、そこからDYデミオに乗り換えてトルクステアとか挙動にトンデモナイ違いがあるとは思わなかったから。よって好き者の感覚でしょ?と言われる前に自分でツッコむか、ロングホイールベースと頭の軽さは…というのも其処までこだわる気は無い。大排気量といっても重さに消えるじゃあ意味感じない。今のデミオXDは2.2Lクラスのエンジンが入ってるんだし、フロントミッドシップなNBロードスターのトータルでバランスが取れた走りの次元を考えると、魅力を何処に感じるか?という事になるが…
 色々あるけど、古い話をすれば最後の5ナンバーな所長送迎用日産セドリックを走らせてみたことがあるが、ああ成程、と思う処だった。当時就職して1,2年、86年式BFファミリア4WDに乗っていたから、格から行けばサニーと同じで、日産ならその上にブルーバード、更にローレルなどあるから、相応の差だろう。装飾云々で価格は決まるんだろうけど、まあとにかく高い車ってのは走りが違うんだな、と思った。後に義父のマークIIも走らせたことはあるが、トータルの感じは確かに当時のDYデミオより高価な車か、と感じはした。致命的ではないけど、数字ではないバランスという面が良いのかも?と感じた。
 自動車はこうした感覚で組立つ、と思うなら、成程高い車は違うというか、伊達に高価な訳じゃないという事なんだろう。けれどそれを積極的に買いたいと思うか?といわれると、手に余る。何よりデカすぎ。燃費的にキツイ。でもふとNBに乗り換えたように、なにかアピールされるものがあれば、面白そうな選択だと思う。最初は外車が安い!からふとクラウンのシルエットを見ておもったのだった。まあ、マニュアル車がそうそうないし、それ以前に懐事情的に無理。或いは走り自身は悪くなくても走らせる喜び感が薄い。元気なうちは乗ることないな、と。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/06/01 20:00】 | 研究
トラックバック(0) |
 昨夜は眠れず、その分朝が遅くなった。暫し調べ物をして、ちょっとした機材の製作の事を考えたり、Androidプログラミングの本をめくるが、どうも頭が働かない。昼前に横になったら、起きたのはおやつな時間。何気に安価なGPSモジュールって無いかな?と調べたら、元品揃えの悪いオンライン書店・今のアヤシイ品も山と揃える万事屋なAmazonで見るものが一番安かった。手持ちのGPSモジュールは大型なので、小さなものが欲しかったが、手に入りそうだ。おまけに価格は秋月電子通商の半分以下。格安な電子部品・キットの店aitendoの一番安い奴より安いし、ここで扱っている格安モジュールは1秒毎のパルスが出ないので今の用途には使えない。品を選んで、これならいけると思ったものをカートに入れて終了。
 夕刻、多分今食べないとイカンかな?と妻と食事に出た。もう少し落ち着いたころに旅行に出たいね…と話した。
 暫し雑誌を見て、やはり眠気がある事を確認。早々に風呂に入り、ホッとする…がうっすらと眠い。

 明日から基本が職場に出勤となる。職場の指示で出勤率を80%以下に、という事なので、田んぼ仕事のある人の事を鑑みて週2日在宅を入れる事にしようと思う。これで上手く調子が取れるかは難しいけど、やってみよう。就職して最初、週休2日になって、どう過ごしたらいいのか?と参った事があるけど、それから四半世紀、特に結婚してから5日勤務がしっかり板に付いた感じで(独身時代は週休0.5-1日だった)、在宅勤務に慣れるのに時間を随分と食った。つぎの調子になるまでどれくらいかかるか?
 兎も角早く論文を仕上げよう。うん。そして次の論文へ行きたい。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/05/31 21:15】 | 日常
トラックバック(0) |
 2度寝で起きたのは遅い。いい天気で風もいい感じ。ちょっと気分のスッキリした感じもする。妻と買い物に出掛けるため、幹線道路を走るが、道路の交通状況はかなり普通の週末っぽい。2週間ちょっと前には明らかに増えていたので、まあこんなもんだろう、という感じはする。食事を摂り、ブックオフで本を売り、何やかやと妻と話しつつ帰宅。その間、外食関係とか郊外型店舗の駐車場を見ると、相当に混んでいるのを見て、コロナ疲れの解消という勢いというか、というのも有るだろうけど、ある意味の日常が帰って来つつあるのか?とも思えた。でも完全に元に戻ることは無いだろう。閉店した店も随分と見たし、社会構造は変わってしまうと思う。持続給付金だなんだと策を打っているらしいが、申し込んで助かった話より届かない話の方が風聞では聞こえてくる。アフターコロナ便乗値上げがどうなるか?生態学で言う「ボトルネック効果」で、これからがどうなるか…?良くなるという話は非常に考えにくいが…

 思う処は数あれど、何か纏まらない。今日はここ迄、かな。雑誌やら本やら、調子が追いついているうちは読んでおく時間にするのも良いだろう。 天候の如何にかからわずAndroid端末のプログラミングの勉強をするか、後は天候が良ければ自転車で少し走るのも良いな。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/05/30 19:35】 | 日常
トラックバック(0) |
 どうにも仕事モードにならない午前を過ごし、昼を軽く食べて、午後…何とか仕事にかかる調子が出た。が、集中力が続かない。学会が現地ではなくオンライン開催!?なので、懇親会の返金手続きや、6月から9月、そして12月に移行したフランスでの学会のキャンセルを頼み、他方で12月頭の香港の学会に出るか?と考えて調べ事をして終了。昨日頼んだ院外処方箋の薬を取りに行き、ついでに近場でカレーを食べて帰宅。気づいてみると今日で在宅勤務の連荘が終わるのだった。8割以下の勤務にという事だが…はてさて。

 日本酒の通販サイトからにごり酒の案内があったので、暫し覗いてみる。岩手の…ならば買い!だが支出上来月までカートで眠って貰おう、と考える。
 明日は週末となるが、何をどうする?なんだかそんなことまで調子が上がらないような…来週からの通常勤務、その準備もしなくては。必要な提出書類を書いて出さねば!それはそれとして…月曜キチンと動けるかどうか??そして週1日以上の在宅勤務か。予算が何時降りてくるかもチェックしておきたい。頑張って論文2報は出したい。そのために必要な支出の事を考えないと。年末と年度末の学会、その支出も併せて。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/05/29 21:40】 | 日常
トラックバック(0) |
 学会の要旨を書いたり、事務書類関係を何とかしたりするうちに終わったら1日。で、職場メールを見ると衝撃の事実!実は学会の要旨の提出が2週間伸びていた(事実だが、本来の〆切を過ぎていたのに気づかず過ごしていたが)…じゃなくて、9月の学会(岡山県倉敷市)が現地開催を止めた!という衝撃の発表が。まあ…支出が減るのはちょっと有難いけど…でもショック。12月、香港の学会に行くか、これなら。行けるかどうか危ういけど。

 そんなこんなで1日が過ぎた。明日は在宅勤務として、来月は8割出勤になる。週一で在宅勤務だが…この調子は非常に厄介。そのペース、上手く作れるだろうか?

 そしてこの土日をどう使うか?妙な疲れ方をしている感が強いので、しっかり休むか。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/05/28 19:23】 | 日常
トラックバック(0) |
 とてつもなく眠い一日。どうにもだめで、こういう時自宅というのは…。でも学会要旨を書き直して共同発表者に回し、学会HPから要旨を仮登録をした。夕刻医者に行ったが、車の運転とかは大丈夫だった。が、それは眠気に負けた結果かもしれない。

 とある所で安く車を手に入れるなら、外車・左ハンドル・大排気量が狙い目だとの事。或いはメルセデス・ベンツでもEクラスの中古が安い、と言うので幾つかある中古車市場の包括検索サイトで検索してみた。先ずはEクラスから始め、メルセデス迄広めて価格帯を絞ってみると、5-7年落ちなら100万円代前半で結構デカい車が買えることが判った。…という事は。BMWに指定を変えると、こちらも同じような価格帯で良さげなモノが手に入るようだ。安い中古車屋に時に25-50万のボルボが売られていたりするが、あれは「特別安い」のではなく元が安い、という事かと知ることが出来たのは収穫。ディーゼル車も選べて、e-燃費で調べてみると、実燃費は15km/L行くようだ。勿論、問題はある。それはマニュアルトランスミッションが選べない事と、ディーゼルでは尿素溶液を適宜入れてやらないと駄目なこと。浮遊する粒子物質(PM)のフィルターを、マツダ車なら燃料の軽油で燃やすが、メルセデスもBMWも尿素を使う。何故かは不明だが、便利さなら軽油の方がイイに決まっている(私的には)。まあ…ウィンドウ・ウォッシャー液を常駐させるように、尿素を持って走れば良いのだが。後はサービスを何処で受けられるかという問題もある。1年点検・車検は何処でも良いのだろうけど、定期交換部品が日本車より頻繁に発生する事を考えるとそのためのサービスがどれ位手厚く得られるか、も問題。
 自動車購入関係の雑誌を見ると、値引きのやり方とその目安額、乗換等で下取り・買取額が高くなりやすいのは、という事が書いてあったりするのを見ると、なんかなー、と私は思うのだけど…。これらが確実に望めない上、車両本体・燃料(ハイオクが基本)・その他消耗品の3つが高価な車を買う、というのは、まあそういう人が買うのなら良いのだけど、どうも市民感覚じゃないんだろうな、と思えたりする。私は全く気にせず、MTで多走行をやっているし、長距離も走れば道路事情の悪い所にも良くゆく事からしてコンパクトカーがベストマッチであると判っていて、かつ買うのも売るのも安い(てか多走行の時点で売るとき何ぞ考えていない)ベースモデルとしている。これで十分だから。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/05/27 20:41】 | 日常
トラックバック(0) |
 一月半ぶりに出勤する。丁度緊急事態の解除になった事も有り、その関係で出勤をどうするかの情報もわかりにくい形で明らかになった。何でも8割に留めて2割は在宅に、という働き方改革だそうで?これから夏作で無茶忙しくなるのに、んなこと早々出来るかよ!田植えだってかなりきつかったというのに。情報にキャッチアップしつつメールを捌き、返答を書き、必要書類を書き…終ったら、早めの食事。何気にニンニクが食べたくなり、刻みにんにくがドカッと出てくるラーメン屋に行く。
 午後は早めに始め、帰ってきた事務書類があったので改訂版を書く。いい感じはしないが、まあ兎も角書く事。終わったら学会発表の要旨。これにかなり執心し、気付いたら定時をとうに過ぎていた。構内道路は混むだろうと考え、早々に退出。
 車の運転も久々になるが、考えた以上に調子が良く走れている。どういうものかなぁ?と思うが、雨が降り始めても気分が良いのはイイネ。

 帰って軽く食べ、一服。夕刻チョイと抜けて医者に行くからその関係で外に出るならばついでに何をするかを考えておこう。
 書くことに執心できたのは嬉しい事だ。

 と、AndroidタブレットのKindleアプリを弄っていたら、半ば偶発的に1冊小説を買ってしまった。セシル・スコット・フォレスター、どっかで聞いたな…と考えて見たら、やっぱり。帆船時代の戦闘艦を描いたホーンブロワー・シリーズの人だ。A.ケントのボライソー・シリーズは何冊か読んだけど、ホーンブロワーは読んでいない。D.リーマン(ケントと同一人物)は、「国王陛下のUボート」が絶品だったが、他はイマイチという感じを受けていた。さて、フォレスターの「駆逐艦キーリング」はどうか?
 1996年だったと思うが、ヒースロー空港の本屋で「世界一有名な海洋小説作家・リーマン&ケント」というフェアがあった。同じ人を…というのはあるけど、思わず「Destroyer」というペーパーバックを買ってしまった。日本語でもどうよ?なのに、無謀ってやつ。まあフィレンツェで似顔絵書いてもらうようなご祝儀だね。のちに八重洲ブックセンターではハヤカワと一緒にか、「ホーンブロワー&ボライソー」=フォレスターとケントの帆船もののフェアがあったけど、この時はどちらも買わなかった。

 個人的にリーマンのシリーズは水戸黄門型。どれも形式が似ている。その中のバランスの良さは勿論だが、話としての質感が際立っていると感じた「国王陛下のUボート」をとても気に入っている。他には「原潜救出」、「アドリア海強襲指令」に…何冊か読んだが、どうもピンと来ず。私はケント作品と村上春樹を以て作家・書き手ではなく作品の良し悪し・好き嫌いを規定しようと考えるようになった。ちなみに村上春樹の×は彼のベストセラーのはしりである「ノルウェイの森」、〇は「羊をめぐる冒険」だったかな?短編集。村上春樹に加えてJ.K.ローリングでベストセラーに好みなし、というのも決まった。って、今も残る古典は時代を超えたベストセラーじゃないか、といわれるとその通りだが。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/05/26 19:02】 | 研究
トラックバック(0) |
 起きるのは辛いし、朝はなかなか仕事にならなかったけど、動き出してみればグラフを完成し、事務書類を作って、論文は考察を残したままだけど、まあ何とかなると思いたい…そんな1日。大学時代のサークルの後輩がとある副業プロジェクトを立ち上げているので、気の早いお祝いという訳ではないが楽しんでね、という事で書斎などから掘り出したお酒を送った。そのついでに本屋に行き、雑誌類を購入。帰って夕食を食べ、一服したら夜のとばりである。
 明日は久々1ヵ月半以上ぶりの職場。具体的に何が、という事は無いけど、色々思う処はあるので、準備して事に臨みたい。

 フルに事が変わることは無いけど、兎も角緊急事態宣言の解除=お願いの終了となるようだ。リスクは頻度と危険度( Hazard を意訳するなら)の掛け算だから、COVID-19の伝染力=Hazardが同じなら人出に従って街中での感染リスクが上がる。秋葉原なら、先の土曜の2~3倍になるだろう。となればこれまでより余程ヤバくなるが…?まあ、密接・密閉ではないけど密集になるかもしれない。が、見る事も会敵も無かった(に越したことは無いが)自粛いちゃもん系が居なくなるなら、相当に風通しが良くなっていいと思うけど。生態学だと、労力・エネルギーなどの資源的に完全に問題を排除しない(カッコウの托卵のごとく一種の強盗・泥棒行為は無にならない)というのはある。

 まあ、外出闘争もどきをする口なら、逆にこれからしばしは出歩かないのが本来だろう。
 という事で、今日は眠ろう。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/05/25 20:39】 | 日常
トラックバック(0) |