研究の間無き1日…

 昨日のセミナーで刺激を受けた後には全く相応しくない会議の午前、そして午後は職場の集まり、終わってみれば医者に行く時間…。後者をサボれば良かった。いやマジで。
 医者に行くが、来週は黄金週間という事もあってか、日を選んだ割通常考える倍の待ち人が居り、アンドロイドタブレットで本を読み、新書を読み…もうダメって飽き方をしたらメールを見たりWebに行ってみたりする。診察は、ま、こんな時間かな?というときに回ってきて、悪い状況ではないという事で、のんびり行こうという事に。

 帰りはのんびり。全塗装したのか、ずいぶんと外見が良いAE86のスプリンター・トレノを見た。マフラーを変えて後はエンジンのチューニングやファイナルのギヤ比をどうしているかわからないが、あの加速なら自分のデミオでもできそうに思えた。流石にヤマハの傑作4AGエンジンと異なりレブリミットの回転数は低くても出足なら絶対負けないな、という感はある。同エンジンはカローラFXで味わったことがあるが、1500rpm以下では全くトルクがない=馬力もない(回転数×その回転数でのトルク×定数=馬力)。その辺はターボがかからなくてもディーゼルエンジンに利がある。4AG同様、1500rpm以下はスカスカなホンダのB16エンジンも、回転数で出力を補うタイプ。この手のエンジンは個人的に好きではない。とはいえ、ボンネットに出っ張りを持たせる弩デカいカムヘッドに疑問を持ちつつもVTECには憧れ、また突っかかりなく天井なしに軽くふけ上がる感じの分、B16のほうが好きだったりはするが。

 さて明日もなんか有ったと思うけど、1時間ぐらいで済ませたい、というからまあいいか。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

春休み明けのセミナーへ

 午前中、ろくすっぽな在宅勤務しかなかったけど、悲しいのは世界農林業センサスは統計のまとめ方がガラッと変わってしまって、もう元に戻れないらしい、ということを確認したに過ぎず、しんなりして、早めに家を出た。が、結果的には電車を降りてからはラッシュが続いた感じ。秋葉原では主目的の一種の歯車というか、一種のタイミングプーリーみたいなのを九十九のロボット王国にて、あとはL型USB変換コネクタを小型のケーブル関係が結構あった店にて、ほかに5.5mm径ポンチも欲しかったが、見つけられず。昼食を食べてちょっとした時間に書泉ブックセンターは魔窟と考え、ヨドバシアキバの有隣堂に行ったが狙った新書と思いがけないPICマイコンのC言語開設本の新しいバージョンを入手した。後者は統合開発環境(IDAと略されるやつ)のバージョンの変化に伴いコンパイラも変わったときに通じなくなったコマンドも多々アリだったので、まともな本が手に入れられた感じ?で、シリコンクロスを手に入れるんだった!と思い出し、カメラのフロアで比較検討も、ドン、と高価だけどレンズにOKだったのでスエードクロスMを購入。2枚入り?と見間違えそうな表示だったけど、実際帰宅して開けてみると、1枚でした。出目金アクションカムを入れるのにもう一つ、Sサイズがあれば欲しい。あるいは縫い直して袋2つに作り替えるか?

 というのは全部付帯事項のことで、本チャンの問題はとある定例セミナー。春休み明けだったが、いい刺激でとても面白かった。研究上いろいろな問題を扱いつつ、本論のお楽しみもするのだけど、こうして知的な問題をどう解決していったらいいか、というのは知ったがゆえに離れられないことだと本当に思った。

 帰路は一気に。軽く雨に降られつつ、コンビニハンバーガーの進化が凄い、と聞いたので帰路でちょっと寄って買って、実際に食べてみた。…マジ、いける。安さでマクドナルドやロッテリア、バーガーキングに負けても、味は勝ってると思った。でもやっぱりモスバーガーのほうが高くても味は勝っている感じがした。

 今日の電車の中で読みかけだった新書を読み終わり、ブックレット行けるか?と思ったが読み切るのはちょっと無理だった。
 明日は午前にプレ会議。午後は1時間休んで医者に行く。その待合時間には読み切るだろうけど、待ち時間はまだある。どの本を持っていくかな?楽しく悩めるのはありがたいけど…

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

今日のところは…

 妙に早い時刻に目覚め、そのまま起きている。すっ飛ばしていた締め切りがメールで発覚、可能な限りの対応を行う。そこから統計書を見たり読んだり、電子ファイルでの公表は冊子体より少ないのかな?と思ったら…それは甘かったらしいということが発覚し、がっかり。Webで調べてみると統計を出している農水省の部局からDL可能なまとめ版でそっちのほうがまだ見やすいので、半ば泣きながら?これをどう使うか考えたりする。ともかく…長々続いた統計のとりまとめ方法を変えるのはやめてほしい。仮にそのほうが時世に合う世の中になることを期待しているのかもしれないが。
 なんにせよ、お茶の時間を済ませ、メールを処理して論文を読んで、今日はおしまい。明日は直行直帰の出張にしている。在宅勤務可能な状態にしているので、考えは何とかまとめようか。

 ということで帰宅。昨日の運転の疲れはほぼないと思う。でも少し体が重い?ので、早く休もう。明日は割と長く電車に乗るし、どれくらい本が読めるか。気になるブックレットはもちろんだが、それ以上の読了は、ちょいキツイか?秋葉原で手に入れたい部品を調達することもミッションのうちだけど、久々書泉ブックタワーに行ってみようか?

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

温泉旅行を終えて

 煮詰まった感のある日常を離れて、福島県へ。一応源泉かけ流し温泉のあるホテルに投宿する。来るときはちょっと疲れ感があったけど、狭いものの温泉を楽しみ、適当に食べて、ゴロゴロして、本を読みつつ寝落ちして…ということをしていたら、今日の朝はさっぱりした感じ。朝食を摂り、再度温泉に入って、チェックアウト時刻までゴロゴロ。読み切った本はないが、まあちょっと、非日常を楽しむには十分に良い一晩だったと思いつつ帰路に就く。
 途中少々買い出し&本を売って、遅めの昼食をとって帰宅。考えていたよりずっと早く帰宅した。

 いろいろなことを考え、段取りを考える。電子工作に進むのもいいなぁ…と思うのだが、気づいてい見るとちょっと遅い時間。こういう時にできることって…?ファームウェアを組むことか?他にはフローチャートを書いたり…あとは明日に運転の疲れを持ち越さないために早く休むか。

 妻とのんびり非日常時間を過ごして、気分転換して…来週は出張もあるけど、詰められるものを詰めて進めていこう、とだけ思う。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

「リアル人生ゲーム完全攻略本」(ちくまプリマー新書)

 ゲーミフィケーションというモノがそれなりに定着してもうどれくらいになるんだろうか?本書は人生をゲーミフィケーションで書いたらどうなるか、というある程度の若年者向けの本である。が、一方で人生の概形ってこんな感じ、という、若年者にはある面で絶望と、ゲームのバグ技を如何に導くか、あるいはこのゲーム世界の広さをどう活かすか、ということにもなるかな?と思う。給与所得者ではあるけれど自由度の高いことをやっている所為か、個人的には後者のような感じの比重が大きいかな。
「人生はそんなに悲しくプログラムされちゃあいない」(小さな恋のメロディ:筋肉少女帯だったか)、個人的には人生は地図のない旅である。出歩いてみないとわからないことは数多あるし、その機会をいかに使うか、が人生のリテラシーだろう。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 学問・文化・芸術

カメラマン業務、そして眠り続けて…

 昨日は職場の一般公開の小規模版。人が足りない時の助っ人もわかる範囲でするけれど、基本はカメラマンとして、午前中はしっかり埋まった。昼食後、二度目の出撃をして2時間ほどで帰還、ちょっと研究の足しになることをして片付けの記録を取るか…と思ったら、撤収はとてつもなく早く終わってた(汗)。
 意外と体が動いたが、風邪の初期症状は変わらないまま。何とか帰宅して、宅急便を受け取って横になったら12時間、時々目覚めつつ眠ってしまった。

 一般公開は手間暇云々より、やはり社会貢献事業として重要だと思う。その辺は所長も心得ているようで、短時間だったが本部・コンシェルジュ席にいてもらえた。いろいろな意見を聞きつつ、どういう研究の普及の形が必要なのか、ということは、はやり重要だと思う。それが正しさの押し付けではなく、受け入れてもらえる落としどころをどう作るかにもつながる。いわゆるリスクコミュニケーションの基本であると思う。

 D7200は色々試験状態にあるので、稼働できるのはD750とD5500。今回は後者を選択した。結果的に軽快に記録を残せたと思う。大昔、「カメラはスポーツだ」という本があったが、走り回ることが多いシーンでは本当に使いやすく軽快なカメラだと再確認でした。特に体力が落ちた中では。

テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

ひたすら眠る

 研究するなら今日のうち…なのだが、イマイチピリッとしない。
 気分が盛り上がってきたところで統計をいじり始めるが、どう活かすかがはっきりしない。プログラミングな一週間にしたかったが、行動は遅かった、ということか。
 寒気もするし、なんか無理…風邪っぽいので午後休みを入れ、帰宅してあとはひたすら眠った。思うところ、やっぱ疲れていたのかな?何かあるのじゃなくて、単純に。

 ともかく、体調を整えて明日のカメラマン業務をこなさなくては。

「地政学」を冠した書籍が山と出ている。パラ見すると単純な旅行記だったり、ビジネスに効くとか(ぉーぃ)。「地政学」を語る2000円以下の書籍を「ポップ地政学」と定義付けてその真贋を掲載地図から切り込んだPDFがあると聞いた。私は新書は基本だが、この数年、普通サイズ?の本も読むようにしていて、PDFのアクセントに使われる書籍の表紙には既読だがなんかオカシイ、あるいは誤りではないかという記述が本文中にあったのを覚えている。例えばイギリスは対岸の大陸欧州を見ながらオフショア・バランシングを取っている、というのは、明らかに間違いだ。しかし地図にここまでの間違いがあったとは頓着していなかったな、と自戒せざる終えなかった。確かに彼我の地理的位置をきちんと把握した上でどういう外交・政治を行うかが地政学の肝なのだが、そのためにきちんと把握するための地図が必要であり、必要に応じて異なる図法を用いる必要もある、というのは古典「平和の地政学」(スパイクマン:芙蓉書房出版)にある通り。これをより現代的には?ということでいくつか試していたのだが。
 このPDFの着眼点の良さは、「2000円以下」というプライシングの絶妙さだ。PDFにある通り、Amazonで2000円以下という切れ目を入れると、それ以上はたいていの場合一気に高価で分厚く、難しくなるし、近現代というより冷戦前後に行ってしまったりする。イザヤ・ペンタン=山本七平がわざとやった偽書「ユダヤ人と日本人」のような目敏さが無知なうちに浸透されては、と思うこと多々ありなのだが、はてさて?ポップ地政学はどこまで故意なんだろうか?

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

空転は電子ファイルの意地悪に出会ったことから、かもしれない

 交通整理ができず、うまくいかなかった1日。残る打ち込みは電子データのコピペだけ、と思っていたら…おバカなことに、確認すれば使えない形式で細切れに多大な数字が舞うばかり。仕方なく紙媒体からの打ち込みに切り替え、統計書を取り寄せることにした。が、外部に発注しなくてもウチにあるよ、と図書室から電話。おーい、蔵書目録に載ってないんだけど!?
 いろいろ考えることはあるのだけど、どんよりしたまま一日が終わった。

 明後日は1日カメラマン。職場が一般公開するから。必要に応じて各所をサポートすることか?と考えると、金曜日は気合がいるな、と思う。が、体調は大丈夫かな?でも週末は妻が探してくれた温泉にどっぷりと浸かってヘロヘロになろう。思うところは多いけど、ブランクを設けて、次の週頑張れる基礎を築かねば。28日は別の集まりがある。OnもOffも盛りだくさん…か。

 何気に来年7月2日のチリ~アルゼンチンの日食旅行のことを調べていたら、アメリカではもうツアーの募集と販売終了が発生していた。で、日本で中南米専門の旅行社があり、問い合わせをしてみたら、もう希望者が日本にもいて、半弾丸的な提案があった。要望を添えて、参加したい旨をメールした。価格がどうなるかはわからないけど、ともかく行くぞ!14ヶ月は長いようで、たぶん短い。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

気合が入らず…

 なんだかメールをこなすうちに終わった一日。結構無駄感も…
 少しずつ頭の中が動き出してはいると思うのだけど、何なんだろう、この動作の重さ。
 午後、少し次につながることができたけど、だめだな、自分。

 雨の中を車で帰宅。
 PCに刺したかUSBカードの件で捜索をしようかと考えつつ、イマイチ気分が乗らず、HPの作成を行ったのが、今日一日をもって一番動けたことだろうか。…もう一発、押しが欲しい。明日午後天気が好転したら自転車で帰ろう。それが一番かもしれない。通販のCDが手に入るものの、iPodに入れるのにイマイチ気合がない。全般に調子が落ちているということか。困ったもんだ。
 フィジカルなことをして調子を出せるなら…真鍮板工作とアルミ棒材工作かなぁ?電子工作もしたいかもしれないが、はんだごてを握って集中力を出すまで調子が出ていない。緊張感が伴うけど、それくらいの感覚があったのほうがいいのかとか。例によって日食機材工作だけどね。水平出しに水平器を乗せた真鍮板をアクションカムと簡易雲台の間に挟むようにしたいのだ。他、CADソフトの扱い方を勉強することかな?いろいろな製作物はあるのだけど、実は設計図を書いていないのである。我ながら…すさまじい。まあそれほどの精度が出せている工作でもないから、ま、いいか!?

仕事にならない

 材料は揃っているのだが、どうにも仕事にならない一日だった。いったい何をどうすればいいか…悩ましいままに半日が終わり、昼食に何となく自転車で外に出てみた。うららかな天気でいい感じではあるのだけど、午後、一息ついて仕事になる?と思ったらそうでもなく、いまいちな状況。職場の一般公開のために集まりがあり、そのあといろいろお願いに上がったりして、定時過ぎ。もうほうほうの体で、早々に帰宅…と思ったら、バックパックに本が入っていなかった!…まあ本はいくらでもあるのだが、体調というか体力的にも精神的にも耐えられなくて、車で帰宅。

 帰宅、懸案の?アクリル板の切断をサクッと行う。少し機械的な工作が進められる。太陽フィルターの自動開閉装置関係の基盤になるアクリル板で、これに太陽フィルターの付いた扉を丁番と、この扉を駆動するサーボモータを張り付ける。丁番の軸とサーボモーターの軸がきちんと一直線にならないといけないところに工作精度を要する。あとはサーボモーターと扉をつなぐサーボホーンという部品の位置決めもしないとだが、そのためにはPICでのサーボモーターの駆動プログラムを作らないといけない。ファームウェア製作を進めるのがここしばらく必要になるのかな?と考えたりする。

 その辺りを作っていくのも面白いのだが…なんだか疲れが入ってるな、と思う。次の皆既日食まであと15ヶ月、とはいえ完全動作を可能にし、実際のシステムを組んでの習熟に半年と考えると、製作にそんなに時間はかけられない。困ったもんだ。とにもかくにも、今日はもう疲れがどっぷり感あり。なので早々に眠ろう…

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

M氏

Author:M氏
食・農・肥料にまつわる物質循環と環境影響の研究をしています。
日々の普通の生活と研究生活の事情、読んだ本のことや時期によっては星見の事などについて書いてゆきます。
ブログのタイトルは遊佐未森の曲からとりました。

にほんブログ村 科学ブログ 農学・森林学・水産学へ
にほんブログ村
 リンクはフリー、ブロ友はいつも募集中

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

来室者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ